13 620 130 new

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

【クリスタ】素材の使い方。ブラシ・画像・3Dの利用方法を種類ごとに解説

更新日:2021.04.30
素材の使い方アイキャッチ

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)には、イラストや漫画で使える様々な「素材」が用意されています。カスタムブラシや背景画像といった便利な素材を活用して、創作をステップアップさせましょう!
今回は、クリスタの素材についての基本的な使い方を解説しています。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

①CLIP STUDIOで素材を管理する

※解説では、macOS版のCLIP STUDIOを使用しています。

CLIP STUDIOを開く

「CLIP STUDIO」は、素材の管理やソフトウェアのアップデートなど、CLIP STUDIOシリーズの制作をサポートするアプリケーションです。

イラストや漫画を描く際に使用しているCLIP STUDIO PAINTから、CLIP STUDIOを立ち上げます。

CLIP STUDIOを開く

メニューバーから〔CLIP STUDIO PAINT〕→〔CLIP STUDIOを開く〕を選択します。
もしくは、アプリケーションアイコンからCLIP STUDIOを起動します。

素材管理メニュー

CLIP STUDIOの画面左側にあるメニューから〔素材管理〕を選びます。その右横の項目では、〔すべての素材〕・〔ダウンロード〕・〔お気に入り〕など、表示する素材の分類を選べます。
解説例では〔すべての素材〕を選択しているので、画面右側に使用できる全ての素材が表示されています。

素材名・素材情報の変更・不要な素材の削除といった操作は、素材管理の画面から行えます。

素材を探す

「CLIP STUDIO ASSETS」は、CLIP STUDIO PAINT用の素材をダウンロードしたり、自分で作った素材を公開できるサービスです。

CLIP STUDIO PAINTにはデフォルトでも様々な素材が付属していますが、CLIP STUDIO ASSETSのサイトには、さらに多くの素材が公開されています。

素材を探す

CLIP STUDIOの画面左側にあるメニューから〔CLIP STUDIO ASSETS 素材をさがす〕を選びます。
もしくは、ブラウザからCLIP STUDIO ASSETSのサイトにアクセスします。

人気順で検索

「鉛筆」や「水彩」など、探したい素材のキーワードを入れて検索してみましょう。検索結果を人気順で表示すると、ユーザーに人気のある素材が昇順で表示されます。
探している素材が見つかったらダウンロードをすることで、CLIP STUDIO PAINTで使用できるようになります。素材の中には、CLIPPYやGOLDを支払って購入するものもあります。

CLIPPYとは?

CLIPPYは、CLIP STUDIOで活動することによって貯まるポイントです。自作の素材を無償で公開したり、GOLD会員に加入したりすることでCLIPPYを貯められます。

GOLDとは?

GOLDは、CLIP STUDIOでお金のように使用できるポイントです。クレジットカード決済やコンビニエンスストア決済でGOLDを購入できます。

ソフト付属の素材を初期化する

追加素材を初期化する

間違えてソフトに付属している素材を消してしまった……。ソフト付属の素材を初期状態に戻す方法はないかな?
そんなときは、〔追加素材の初期化〕から素材の復元ができます。

画面右上の〔設定〕→〔メンテナンスメニュー〕→〔追加素材の初期化〕を選択すると、ソフトに付属している素材が初期状態に復元されます。
※メンテナンスメニューについては、CLIP STUDIO公式のサポートやマニュアルを確認して、指示があった場合のみ使用しましょう。

②CLIP STUDIO PAINTで素材を使う

素材パレットを表示する

CLIP STUDIO PAINTの画面では、素材パレットから素材を管理します。

素材パレットを表示

メニューバーから〔ウィンドウ〕→〔素材〕→〔全ての素材〕を選びます。

素材パレット

画面の右上に素材パレットが表示されます。
※CLIP STUDIO PAINTの素材パレットに表示される素材は、先程のCLIP STUDIOの素材管理画面に表示される素材と連動しています。

素材の種類

素材は種類ごとに使い方が異なります。素材を使う前に、各素材に表示されている〔種類〕の項目を確認してみてください。

ブラシ・グラデーション素材の使い方

ブラシ素材をドラッグ&ドロップ

種類の項目に「ブラシ」・「グラデーション」と書かれているツール系の素材は、サブツールパレットに登録して使います。素材パレットからサブツールパレットへ、素材をドラッグ&ドロップ操作で持っていきましょう。
※サブツールパレットが画面に表示されていない場合は、〔ウィンドウ〕→〔サブツール〕でパレットが表示されます。

サブツールパレットから読み込む

もう一つの方法として、サブツールパレットの〔サブツール素材を読み込み〕ボタンから素材を読み込むこともできます。
※〔サブツール素材を読み込み〕は、サブツールパレットのメニューにもあります。

サブツールに登録

素材がサブツールに登録されたので、ブラシとして使用することができます。


関連記事

カラーセット素材の使い方

カラーセットパレットから読み込む

カラーセットは、頻繁に使用する色を登録しておける機能です。

カラーセット素材を使用する場合は、カラーセットパレットにある〔カラーセット素材を読み込み〕ボタンを押して、素材を読み込みます。素材パレットからカラーセットパレットに、ドラッグ&ドロップで持っていくことも可能です。
※カラーセットパレットが画面に表示されていない場合は、〔ウィンドウ〕→〔カラーセット〕でパレットが表示されます。

オートアクション素材の使い方

オートアクションパレットから読み込む

オートアクションは、数ステップの操作を記録・再生することができる機能です。

オートアクション素材を使用する場合は、オートアクションパレットにある〔オートアクション素材を読み込み〕ボタンを押して、素材を読み込みます。
※オートアクションパレットが画面に表示されていない場合は、〔ウィンドウ〕→〔オートアクション〕でパレットが表示されます。


関連記事

グラデーションセット素材の使い方

グラデーションの詳細設定

グラデーションセットは、グラデーションのデータをまとめたものです。CLIP STUDIO PAINTにグラデーションセットを登録することで、グラデーションツール・グラデーションマップから読み込むことができます。

〔グラデーションツール〕→〔詳細設定〕を押して、グラデーションの編集画面を表示します。

グラデーションセットを読み込む

〔グラデーションセット〕→〔設定〕→〔セット素材を読み込み〕を押して、グラデーションセット素材を読み込みます。読み込んだ素材をダブルクリックすることで、グラデーションツールのグラデーションが切り替わります。

読み込んだグラデーションセットは、〔レイヤー〕→〔新規色調補正レイヤー〕→〔グラデーションマップ〕からも利用することができます。


関連記事

画像素材の使い方

画像素材をドラッグ&ドロップ

画像素材は、素材パレットからキャンバス(またはレイヤーパレット)にドラッグ&ドロップをして使います。
※レイヤーパレットが画面に表示されていない場合は、〔ウィンドウ〕→〔レイヤー〕でパレットが表示されます。

画像素材(ブラシ先端形状・用紙テクスチャ)の使い方

画像素材

画像素材の中には、「ブラシ先端形状」や「用紙テクスチャ」として設定されているものがあります。これらの画像素材は、ブラシのカスタマイズ用の素材として利用できます。
素材パレットの画像素材をダブルクリックして、プロパティを開いてみましょう。

素材のプロパティ

プロパティ画面の左下に〔ブラシ用素材設定〕の項目があります。各項目にチェックマークを入れると、ブラシ先端形状・用紙テクスチャとして画像素材を使用できるようになります。

ブラシ先端形状

ブラシ先端

〔サブツール詳細〕→〔ブラシ先端〕を選び、〔先端形状〕の項目を「素材」に設定して画像素材を読み込みましょう。
解説では、Gペンの先端形状にぼかしの画像素材を設定したことで、輪郭がぼやけたペンになりました。

用紙テクスチャ

紙質

〔サブツール詳細〕→〔紙質〕から画像素材を読み込みましょう。
解説では、Gペンの紙質に鉛筆の画像素材を設定しています。カスタムブラシを作成する際に利用してみてください。

3D素材の使い方

3D素材をドラッグ&ドロップ

種類の項目に「3Dオブジェクト」・「3Dキャラクター」・「3D背景」・「体型」と書かれている素材は、3D素材です。3D素材は、素材パレットからキャンバス(またはレイヤーパレット)にドラッグ&ドロップをして使います。
※レイヤーパレットが画面に表示されていない場合は、〔ウィンドウ〕→〔レイヤー〕でパレットが表示されます。


関連記事

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

キャラクターイラストのための人体デッサン講座

「キャラの身体が描けない……」とお悩みの方へ!
この講座は、キャラクターイラストをもっと上手くなりたい人のための、身体の描き方講座です。 7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

まとめ

クリスタの素材の使い方の解説でした。カスタムブラシや背景画像など、素材を活用することで作品のクオリティを上げることができます。作品制作の時短にも繋がるので、ぜひクリスタの素材を活用してみてください。


関連講座

関連講座

初心者から絵師デビュー!

【初心者歓迎】自宅でイラストが学べるオンライン教室
わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速! \ 7日間の無料お試し実施中 /

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

ゼロからはじめるキャライラスト入門講座

ペンの選び方・線の引き方・紙の使い方からスタートして、効果的な練習の仕方、顔や身体の描き方まで、絵を描くための基本の基本を解説!

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
13 620 130 new

×