絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

イラストで女性を上手に描きたい。顔の描き方のコツを紹介

更新日:2018.05.08

イラストで女性の顔を描くと、同じ顔になってしまったり、不自然に見えてしまったりすることがあります。女性の顔を上手に描くためには、いくつかのポイントを押さえることが大切です。この記事では、女性の顔の描き方の基本とコツを紹介します。


独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

イラストで女性の顔が同じになってしまう

イラストで女性の顔が同じになってしまう

イラストで女性の顔を描くと、違うキャラクターなのに同じ顔になってしまうことがあります。顔は、キャラクターの特徴を表現する重要なパーツです。
髪型を変えて描くだけでは、キャラクターの描き分けにはなりません。描き分けで重要なポイントは、輪郭と目・鼻・口などのパーツのバランスです。輪郭と顔のパーツを変えて描くことによって、印象が全く違ってきます。


まずは年齢で描き方を変えてみよう

年齢による顔の長さ

イラストで女性の顔を描くときは、年齢に合わせて描き方を変えることがポイントです。人間の顔は、性別に関係なく、年齢によって輪郭や顔のパーツのバランスが変化します。
幼少期であれば、輪郭は真ん丸に近い円を描きます。そして、成長するにつれて顎のラインを少しシャープにし細長めの円を描きます。

また、目・鼻・口の距離を近くすると幼い印象になり、逆に遠くすると年齢を重ねた印象になります。


可愛い顔は丸みを強調

可愛い顔を描くコツは、丸みです。可愛い顔は、輪郭やパーツの丸みを強調して描きましょう。丸い顔は幼い印象を与えると同時に、女性の可愛らしさを表現できます。
ここでは、可愛い顔の描き方をパーツごとに分けて解説します。


輪郭の描き方

年齢別 輪郭の丸み

可愛い顔の輪郭は、基本的には丸く円を描きます。特に顎から頬にかけてのラインに丸みをつけると、より可愛らしさを強調できます。
しかし、年齢によって丸い輪郭の描き方は少し変わってきます。幼少期の女の子の場合、顎はあまり描かずに、丸い円の輪郭にします。真ん丸をイメージすると描きやすくなります。

中高生の女の子の輪郭は、頬にかけて丸みを持たせ、少しだけ顎のラインを描きます。幼少期の女の子に比べると顎のラインがあるのが特徴です。
大人の女性の場合には、卵型の円を描きます。顎のラインを中高生よりも少しシャープにすると、より大人の女性らしくなります。


目の描き方

可愛い目の描き方

可愛い顔の場合は、年齢に関係なく、丸くて大きな目を描きます。これは可愛い顔を描く際の重要なポイントです。
まず上瞼のラインを曲線で長く描きます。そして目頭部分の幅を大きくとってから、下瞼のラインも曲線で描きます。上瞼と下瞼のラインは繋げないように注意します。
黒目部分は、白目部分に対して大きめに丸い円になるように描きます。黒目部分にハイライトを入れることによって、より可愛らしく見えます。

また、上瞼のラインを濃くしたり、まつげを上瞼や下瞼に描き加えたりすることによって、よりぱっちりとした可愛い目に仕上がります。


関連記事


耳、鼻、口の描き方

女性の顔バランス(可愛い)

耳を描く際には、位置に注意します。耳は顎の付け根の部分に、左右の目に対して平行に描きます。
鼻頭と口は、顔の中心線上に描きます。鼻を大きく描いてしまうと、可愛らしくなくなるので、小さい点で描くようにしましょう。

また、上述の通り目と鼻・口の距離は、描きたい女の子の年齢に合わせてを決めるとよいでしょう。


綺麗な顔は大きさに気をつけて

綺麗な女性の顔を描く際には、輪郭とパーツのバランスや大きさに気をつけるのがポイントです。
綺麗な顔は、可愛らしいというよりも大人っぽいイメージになります。丸みを持たせるのではなく、少しシャープな大人の女性の顔をイメージしながら描きましょう。


輪郭の描き方

綺麗系な女性の顔ポイント

綺麗な顔は、シャープな顎のラインと小顔が特徴なので、輪郭を直線的で小さめに描くように意識します。
輪郭は、丸い円ではなく細長い小さめの円を描きます。顎のラインはシャープに細くなるよう、直線的に描くとよいです。


目の描き方

目の描き方(キレイ系)

綺麗な顔の目は、大きく切れ長に描きます。まず、上瞼のラインを長く緩やかな曲線で描きます。次に目頭の幅を大きめにとって下瞼のラインも緩やかな曲線で描きます。
黒目部分は大きく丸い円を描き、黒目上部と上瞼に太めのアイラインを入れます。

また、上瞼と下瞼にまつげを描き加えることもポイントです。まつげを描き加える際には、バランスを見ながらあまり多くならないように注意しましょう。目尻部分に長めのまつげを描くとより切れ長の目に見えます。


耳、鼻、口の描き方

女性の顔 綺麗系 ポイント

耳は顎の付け根の部分に、左右の目に対して平行に描きます。左右の目の中心線上に耳の上部がきているか確認しましょう。
鼻頭と口は、顔の中心線上にくるように描き、鼻筋も描くと鼻が高く美人になります。口を大きく描くと綺麗に見えないので、小さめに描きましょう。

まとめ

女性の顔は、年齢によって輪郭を丸くしたり細長くしたりすることで描き分けます。
可愛らしい女性の顔を描きたい場合には、全体的に丸みを強調して描くとよいでしょう。綺麗な顔の女性を描きたい場合には、顎のラインをシャープに小顔に描くことがポイントです。

また、パーツの描き方にも注意が必要です。女性の描き方のポイントとコツを押さえて練習を重ねると、上手に描けるようになるでしょう。

関連講座

関連記事

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×