絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

熊のリアルな描き方!ホッキョクグマやヒグマの違いもイラスト解説!

更新日:2018.11.25

日本でも度々見かけられている動物の「クマ」。イラストやアニメ、漫画などでもよく見かけるので、クマを描いてみたいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、クマの描き方をTwitterにまとめていらっしゃった、GWさんの解説イラストから、クマを描く際のポイントを見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

Twitter 「GWさん クマの描き方」
Twitter 「GWさん クマの描き方2」
Twitter 「GWさん 立っているときのクマ」

この記事の目次

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績、初心者からプロ志望までピッタリの授業が60点以上。まずは7日間の無料お試しへ!

詳細はコチラ!

熊の描き方

熊の描き方1

デフォルメしたクマで、体の構造を見ていきましょう。
・首の付け根がもっこりしています。
・手のひらは地面についています。
・かかとも地面についています。

熊の描き方2

デフォルメしたクマの立ちポーズです。
・人と違って肩はないように見えます。クマは2本足で立てますが、4本足歩行のクマは人と骨格が違います。人と同じ骨格の部分もありますが、違う箇所もあるので、注意しましょう。
・腕は体の前から出ています。
・足は短いです。

熊の描き方3

クマの鼻、くちびる、足の詳細イラストです。

熊の描き方4

続いて、ホッキョクグマとヒグマの体の違いを見てみましょう。
・ホッキョクグマは首が長いのが特徴で、ヒグマは頭が大きいです。
・ヒグマの背中には、盛り上がっている箇所があります。

熊の描き方5

ホッキョクグマとヒグマの顔の違いです。
・ホッキョクグマは、寒いところに対応するために、顔がコンパクトになっています。
・ヒグマの顔の上部は盛り上がっており、噛む筋肉がすごいとのことです。
・ホッキョクグマの毛はみっしり、ヒグマの毛はもさもさしている感じを、意識しましょう。

熊の描き方6

クマが立っている状態の、骨格のイラストです。クマの立ちポーズを描く際の参考にしましょう。

まとめ

クマは人間のように立ったりするので、ポーズごとに描く際のポイントや骨格を抑えることで、格段に描きやすくなると思います。クマが描けなくてお困りの方は、GWさんの解説イラストを参考にしてみて下さい。

最後に、GWさんのTwitterをご紹介します。他にも素敵なイラストをご投稿されていらっしゃいますので、ぜひご覧ください!

GWさんのTwitterはこちら

関連記事

関連記事
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる

×