絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

ライオンと虎のイラスト描き方講座!リアルな顔や模様のつけ方も解説!

更新日:2018.11.25

屈強な動物として名高い「トラ」。百獣の王の二つ名を持つ「ライオン」。力強い動物のイメージを持っているトラとライオンを、リアルにかっこよく描きたいと思っている方は多いと思います。
そこで今回は、トラとライオンの描き方をTwitterにまとめていらっしゃった、GWさんの解説イラストから、トラとライオンを描く際のポイントを見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

Twitter 「GWさん トラとライオンの絵」
Twitter 「GWさん 大型猫の顔(模様なし)」
Twitter 「GWさん 大型猫の顔(模様あり)」
Twitter 「GWさん 大型猫の顔の比較

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績、初心者からプロ志望までピッタリの授業が60点以上。まずは7日間の無料お試しへ!

詳細はコチラ!

トラとライオンの描き方

虎とライオンの描き方1

・ライオンのメスは頭をあげていると、それっぽくなります。
・尻尾にはフサがあることを忘れないようにしましょう。

虎とライオンの描き方2

続いてはベンガルトラです。
・体の姿勢は低く、顔にはほほ毛があることを意識します。
・ライオンより毛足が長く、全体的にだるんとした感じで描きます。
・尻尾は案外、細いということを覚えておきましょう。

虎とライオンの描き方3

トラとライオンの顔の部分を見ていきましょう。
・ライオンの耳は大きいのに対して、トラの耳はうまっていて、小さく、丸く見えます。
・トラの模様の位置は、耳の後ろ(白い)、頭の上から放射線状のシマ、まゆげ、目を囲むようにシマ、ヒゲの生えるところ、と覚えておきましょう。
・トラの鼻はピンク色に対して、ライオンの鼻はムラサキ色になっています。

虎とライオンの描き方4

ライオン、トラ、ヒョウ、ユキヒョウ、ウンピョウ、チーターの顔の比較イラストです。
・家猫は眼と耳が大きく、逆に眼と耳を小さくすれば大型猫になるとのことです。
・大型猫の瞳孔は縦長ではなく、丸いのが多いので、その辺りをおさえておくと、家猫化を防げるとのことです。

虎とライオンの描き方5

先ほどの大型猫の顔の比較イラストに、模様をつけたものです。
どの大型猫も、独特の模様をしています。

虎とライオンの描き方6

大型猫の顔の比較イラストの解説です。全て同じ下書きから描いているということで、赤線のアタリを見てみましょう。
・ライオンとトラの顔は、ほぼ同じで、トラはほほ毛の分、顔が大きくなっています。

虎とライオンの描き方7

・ヒョウとユキヒョウのマズルは、トラとライオンのマズルより小さくなっています。
・ユキヒョウは寒いところに住んでいるので、耳が小さくなっています。
・ヒョウよりもユキヒョウの目の方が下の位置にあり、幼く見えます。

虎とライオンの描き方8

・ウンピョウの目は大きくなっています。体長100cm位と体が小さいので、相対的に目が大きく見えます。
・チーターの体長は130cm位で、耳の位置が低くなっています。他の大型猫と比べると、最も耳が小さく、口の比率も最も小さくなっています。

まとめ

トラやライオンを描く際のポイント、種類毎の特徴を知っていれば、リアルで屈強な大型猫を描くことができそうです。ライオンを描いたのだけど、リアルに見えない。トラを描いたのに、猫っぽくなってしまった…。そんな時は、GWさんの解説イラストを参考にしてみて下さい。

最後に、GWさんのTwitterをご紹介します。他にも素敵なイラストをご投稿されていらっしゃいますので、ぜひご覧ください!

GWさんのTwitterはこちら

関連記事

関連記事
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる

×