絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

手の描き方のポイント!様々なポーズの練習から気付いたことをご紹介

更新日:2018.09.21

人体の中でも複雑な構造をしている「手」の部分。握ったり開いたり、奥へ伸ばしたり手前に向けたり、手の様々な表情を描くのは難しいですよね…。
そこで今回は手の練習と気づいたことをTwitterにまとめていらっしゃった、はしぇころさんのイラストから、手の描き方のポイントを学んでいきましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績、初心者からプロ志望までピッタリの授業が60点以上。まずは7日間の無料お試しへ!

詳細はコチラ!

手を描くときのポイント

手の描き方のポイント_目次

(1)奥へ伸ばしている手

手の描き方のポイント_奥へ伸ばしている手

手を奥に伸ばしている構図なので、奥にある指よりも手前にある手の甲が大きく見えます。手の外側の輪郭線は丸みを意識して、尺骨のある部分は輪郭線を盛り上がらせましょう。

(2)ペンを握っている手

手の描き方のポイント_ペンを握っている手

曲げている親指の先端から一つ目の関節に向けて、カクンと角度がついています。横から手を見ているので、人差し指と中指の関節の骨が出っ張りとして二つの山のように見えています。

(3)横から見たときの手

手の描き方のポイント_横から見たときの手

中指の関節の山の上から、人差し指の関節の山も少し見えています。 手を内側に曲げている絵なので、内側の手首付近に手のシワができます。

(4)中指と薬指を親指にくっつけている手

手の描き方のポイント_中指と薬指を親指にくっつけている手

深く曲げている中指と薬指の影響で、手のひらに多くのシワができます。手の右側の輪郭線を描く際、親指の輪郭線からの繋がりを意識しましょう。

(5)手前に向けて開いている手

手の描き方のポイント_手前に向けて開いている手

開いている手の指は、手の中心から外側へ広がっていきます。 思い切って手を開くとそれぞれの指は外側に反るので、ふわっと上がるようなイメージで描きましょう。

(6)手前に向けて握っている手

手の描き方のポイント_手前に向けて握っている手

手首の骨の出っ張りの影響で、上部の輪郭線に少しへこんでいるような谷ができます。谷が終わった後の輪郭線は丸みを意識しましょう。

(7)手のひらを向けている手

手の描き方のポイント_手のひらを向けている手

親指の先端から一つ目の関節、一つ目の関節から二つ目の関節まで、カクカクとした輪郭線を描きます。小指側に少し力を入れている手なので、力の入れ具合と一緒に手のシワもひずんでいきます。

(8)手の甲を向けている手

手の描き方のポイント_手の甲を向けている手

手の甲の左側の輪郭線は丸みを意識して、小指の関節はガクンとめりはりをつけましょう。薬指の先端の輪郭線は、爪がある部分からへこんで見えます。指を奥の方に向けている構図なので、指の関節の前後で遠近感を出しましょう。手首の右側の輪郭線は骨の部分が出っ張るので、手と手首の間にくぼみができるのもポイントです。

(9)手前に指を向けている手

手の描き方のポイント_手前に指を向けている手

中指と人差し指を手前に向けている影響で、親指の付け根付近がねじれて小さいシワがたくさんできます。親指の関節と関節の間でへこみができるので、凹凸を意識して描きましょう。関節の凹凸をしっかりと表現できると色っぽく見えます。

(10)ドリンク剤を持っている手

手の描き方のポイント_ドリンク剤を持っている手

物を握る際は小指側に強い力がかかります。小指には強い力がかかっているので曲がりが深くなり、逆に人差し指は力がかからないので、握っているというよりは支えているように見えます。人差し指の関節の位置から小指の関節の位置にかけて、曲線をイメージしましょう。

(11)奥へ向けている手

手の描き方のポイント_奥へ向けている手

手を少し奥の方へ向けているので、人差し指、薬指、中指の先端が揃って見えるアングルになっています。親指の付け根あたりのシワがどこから来ているのか、線の流れを意識しましょう。手を外側へ曲げているので、手と手首の間で深い谷のようなくぼみができます。手から手首の輪郭線に入る前に一回止めるように線を描きましょう。

まとめ

手はキャラクターを表現する上で重要な要素の一つです。手のひらが上手く描けない、握っている手が苦手…。そんなときは、はしぇころさんの手の練習イラストにまとめられている描き方のポイントを意識してみるのがよいと思います。

最後に、はしぇころさんのTwitterをご紹介します。素敵なイラストを投稿されてますので、ぜひご覧ください!

はしぇころさんのTwitterはこちら

関連講座
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる

×