絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

イラストのメイキング本を探してる人必見。ジャンル別のおすすめ本

更新日:2018.09.03

可愛いキャラクターを描けるようになりたい、と思ってもどのように勉強すればいいかわからず悩んでいる人は多いのではないでしょうか。今回はそんな人におすすめなイラストのメイキング本をジャンル別にご紹介します。


独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

デジタルイラストメイキングのおすすめ本

デジタル機器

最近はイラストのデジタル化が進み、パソコンを使ってイラストを描く人も多くなっています。まずはそんなデジタルイラストを上手に描きたい人のための本をご紹介します。


デジ絵の描き方入門ガイド

この本は入門と名の付く通り、初心者向けの本となります。デジタルイラストとは何か、という説明から始まり、イラストを描くのに必要なソフトや機材などの説明、デジタルイラストの基本的な描き方まで詳しく解説されています。
538円と手ごろな価格ですので『手軽にデジタルイラストの基本が知りたい』という人に最適です。

  • 著者:100%ムックシリーズ
  • 発売時期:2013年
  • 価格:583円


デジタルイラスト色塗りメイキング講座

この本は『イラストを描くことには慣れたけど、色塗りの方法がよくわからない』と考えている人のためのものです。内容はブラシの設定や色選びなどの基本から始まり、著者である5人の絵師がそれぞれの得意な技法を披露しています。
作画に関しての記述はなく、あくまでも色塗りに焦点が絞られています。付属のCD-ROMを見ながら練習すると一層理解が深まります。


  • 著者:はねこと、kyuri、泉 彩、鈴ノ、しぷっ
  • 発売時期:2013年
  • 価格:2,376円
  • 大型本


プロの絵師に学ぶキャラ塗り上達テクニック

こちらも色塗りに特化した本となっています。特にブラシ塗り、水彩塗り、厚塗りの技法が詳しく書かれています。
基礎的なことはもう理解しているにも関わらずイマイチパッとしない、自分の描きたいものと違う、と感じている人のためのテキストです。どうして上手に塗れないのか、それがわからなくて悩んでいる場合は是非手に取ってみてください。

こちらもCD-ROMが付属で付いています。ちなみに、この本は第2弾も発売されていますので併せて読んでみるのも良いでしょう。

  • 著者:ふつか、山鳥おふう、萩原 凛、藤ちょこ、しおこんぶ、ピスケ
  • 発売時期:2013年
  • 価格:2,500円


コピックイラストメイキングのおすすめ本

コピック

コピックとはTooグループが開発したアルコールマーカーのブランドで、プロのイラストレーターなども多く使っている画材シリーズです。ここからはそんなコピックの画材を使ったイラストメイキング本をご紹介します。 


コピック絵師たちの東方イラストテクニック

東方とは『東方Project』と呼ばれる同人サークルのことで、様々なゲームやアニメ、音楽などを発表しています。そんな東方のイラストをコピックで描いてみたい人のための本です。

主に「グラデ塗り」と「重ね塗り」を中心に解説しており、わかりやすいとアマゾンレビューでも高い評価を受けています。
東方のイラストの描き方がメインになっていますが東方が何かわからない、という人でも問題ない構成になっており、東方以外のイラストを綺麗に塗りたいと考えている人にもお勧めです。

  • 著者:粗茶、火神レオ、角丸つぶら 
  • 発売時期:2016年
  • 価格:2,268円
  • 大型本


コピックで描こう!

コピックの基本の使い方から、重ね塗り、ぼかし、混色、質感の表現方法まで、より高いレベルを目指したい人のための高度な技法が、人気コピック作家のメイキングとともに詳しく載っています。
作例イラストはダウンロードが可能なため、印刷して練習することもできます。コピックをある程度使いこなしている人におすすめの本です。

  • 著者:ことりはな、りーりん、mrk、新堂 みやび 
  • 発売時期:2015年発売
  • 価格:1,814円
  • 大型本


水彩画メイキングのおすすめ本

水彩絵の具

水彩画と言うと画家が描くような風景画や人物画などのイメージがありますが、最近は水彩画材でアニメ風のイラストを描く人が増えています。こちらでは水彩画材でアニメイラストを描いてみたい人におすすめの本をご紹介します。


SSイラストメイキングブック

この本は新進気鋭の絵師のイラストを紹介してきた雑誌『SS(スモールエス)』が満を持して製作したメイキングブックです。
『SS』で活躍している人気の絵師による透明水彩の技法が余すところなく解説されています。これから初めて水彩画に挑戦する人のための基本的な知識も掲載されており、初心者の人にもおすすめです。
このメイキングブックはvol.02も発売されており、好評を博しています。

  • 著者:スモールエス編集部
  • 発売時期:2015年発売
  • 価格:1,404円


水彩色鉛筆で描くコミックイラストレッスン

この本は水彩色鉛筆で水彩イラストを描いてみたい、と考えている人のための本です。水彩画に挑戦したいけど、どうすればいいのかわからないと考えている初心者にもおすすめできます。
この本で水彩イラストの基本をおさえて、水彩画に興味をもてたら、徐々にステップアップしていくといいでしょう。


  • 著者:古島 紺
  • 発売時期:2017年発売
  • 価格:1944円


まとめ

最近はネットからもイラストの情報を手に入れることが出来ますが本気で学びたいならやはり本がおすすめです。
イラストが描きたい、と言ってもデジタルな技法からアナログな技法まで様々な方法があります。この記事を参考に、自分の描きたいジャンルに合った本を選んでください。

関連記事

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×