絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

イラストの上達過程をスムーズに。よくあるスランプにも焦らず対処

更新日:2018.05.30

イラストが上手くなるには様々な方法がありますが、間違った方法をとると遠回りになったり、スランプから抜け出せなくなったりすることもあります。この記事では、スムーズにイラストを上達させるための方法や、スランプに陥った時の対処法を紹介します。

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

イラスト上達に効果的な練習方法

イラスト上達のためには、常に真剣にイラストと向き合うことが大切です。今自分がどのような態度でイラストを描いているか一度見直してみましょう。


上達する練習は量より質

人は何かを習得する時、繰り返し練習を重ねます。しかし、それが必ずしも良い影響を与えるとは限りません。間違った方法で練習してしまうと、それが身体に染みついてしまいます。

例えば、間違ったペンの持ち方を繰り返し練習した人は、綺麗な字を書きにくく指を痛めやすいペンの持ち方をする人になります。間違った箸の持ち方をする人は、将来恥をかくかもしれません。

これと同様に、質より量に重きを置いて適当に描くことを繰り返していると、適当に描く癖が染みついてしまいます。早く上達したいと焦る気持ちがあっても、常に本番だと思ってじっくり練習しましょう。


具体的な練習方法や学ぶべきこと

まずデッサンの練習から始めるのがおすすめです。デッサンでは空間把握能力や陰影把握能力など様々な能力が養われます。二次元のイラストを描きたい人は関係ないと感じるかもしれませんが、大切な練習です。
慣れてきたら時間を決めてデッサンしてみましょう。犬や人、木や鞄など様々な対象を素早く描く練習になります。自分の技量に合った時間を設定し、質より量にならないよう注意しましょう。

また、自分の好きな作家や作品の模写も良い練習になります。様々な作品や作家の模写をし、その絵に使われている技法やセンスを自分の物にしていきましょう。


イラストは頭を使って描く

感覚で描くのではなく、理由を考えながら描きましょう。そうすることで身体の構造などの知識が蓄えられ、3次元の物をどのようにして2次元に落とし込んでいるのかがわかるようになります。

また、理由を考えることは想像力を養うことにもつながります。想像力はクリエイターにとって大切な原動力です。漫画やイラストも、想像力がなければ描けません。

イラストの構図や色の付け方はもちろん、引かれた線の1本にも理由があります。イラストを描く時や見る時は、必ず『なぜ』を意識しましょう。

上達の過程でスランプに陥ったら

スランプ

上達していく過程で、スランプに陥るのはごく自然なことです。悲観的にならず、今はそういう時期なのだと堂々と構えて改善策を探りましょう。


スランプに陥る原因

スランプに陥る1つの原因は、自分の描き方が身に付き、感覚で描けるようになったことです。感覚で描けるというのは良いように聞こえますが、一方で苦手な部分が意識できなくなるということでもあります。

自転車で例えるなら無意識に乗りこなしている状態です。はじめは何度も転んで改善点を探し効率の良い方法を探しますが、上達すると意識せずとも乗りこなせるようになります。そうなるとそれ以上は上達しません。

自分の描き方を身に着けて苦手な部分が見えなくなると、上達するための道筋を見失いスランプに陥ります。


自分の現状を整理してみよう

自分がスランプだと思い込んでいるだけで、実は上達しているということもあります。
例えば、自分の実際の実力以上の物に挑戦した場合、足りない実力差をまざまざと見せつけられて、自分は上達しておらずスランプに陥っていると感じてしまいます。

反対に、とても簡単な挑戦をしてそれが上手にこなせた場合、自分は確実に上達していると満足感を得ることができます。

自分がなぜスランプに陥っていると感じたかを整理し、正確に現状を把握しましょう。


自分なりの解決策を見つけよう

なぜスランプに陥っているのか、原因には様々なものがあります。スランプから抜け出すためには、自分なりの解決策を見つけることが大切です。
例えばなんとなく落書きをして心を休めてみたり、一時的に描くことをやめたり、大好きな絵の模写をひたすらしてみたりと様々なアプローチ方法があります。スランプは悪いことではありません。焦らず自分に合った解決策を見つけて、スランプから抜け出しましょう。


イラスト上達のおすすめサイト

絵と向き合う

1人でイラストを描いていると段々と主観にとらわれて客観的な視点が抜けてしまいがちです。長所や短所を的確に指摘してくれる第三者の目があると上達はぐんとスムーズになります。


講座種類の豊富さが魅力 Palmie

お絵かき講座パルミー

パルミーは現在もプロのクリエイターとして活躍する人が講師を務めるサイトです。プロの実演する動画でイラストの描き方を学ぶことができます。顔の描き方から背景の描き方、漫画のストーリーを作る方法まで様々な講座を展開しており、50以上のレッスンがあるのも魅力的です。
月額9,800円の定額制なので、どれだけ講座を受けても追加料金が発生する心配はありません。しかも、7日間無料で試すこともでき、内容が気に入らなければ無料期間に解約することで料金は発生しません。

お絵かき講座パルミー:イラストマンガの描き方が学べるオンライン学習サイト


初心者も基礎から動画で学べる sensei

初心者も基礎から動画で学べる sensei

正面から描く簡単な顔の模写から始めて、横顔の比率や身体の描き方などを段階的に学ぶことができるサイトです。ナレーション付きの動画学習なので絵を描く過程がわかりやすく、初心者でも簡単に理解できます。
簡単な顔の描き方が学べる基礎講座は無料です。さらに身体の描き方なども学びたい場合は、月額540円で講座を受講することもできます。


人物の描き方が上達する MARA3D

人物の描き方が上達する MARA3D

男女の3Dモデルを使って、人物を全方向から観察することができるアプリです。想像だけでは描くことの難しいポーズも、このアプリを使えばモデルにポーズをとらせることができます。
さらに、このアプリは光源の位置も自由に変えられるため、陰影をつける際にもとても役に立ちます。また、アングルを変えて全方向からモデルの動きを観察することも可能です。

まとめ

イラスト上達のためには、量よりも質を大切にして常に身体の構造などを考えながらデッサンなどで基礎を積むことが一番の近道です。
しかし、上達過程でスランプに陥ってしまうことは誰しもあります。その場合は自分の現状を的確に把握し、自分に合った解決策を見つけましょう。自分1人で上達していくのが難しいと感じた場合は、サイトなどを利用するのも一つの方法です。

関連記事

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×