絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

反射イラストの描き方!鏡や水面に映る世界の描き方を考える

更新日:2018.11.08

窓ガラスに風景を映したイラストや、水たまりに映った建物をリフレクション撮影した写真など、「反射」を題材とした作品を見たことはないでしょうか?この反射を上手く使いこなせれば、イラスト内で様々な演出ができるようになると思います。
そこで今回は、反射についてPixivにまとめていらっしゃった、わいっしゅさんの解説イラストから、反射の考え方を見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

Pixiv 「わいっしゅさん 反射のはなし」

この記事の目次

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績、初心者からプロ志望までピッタリの授業が60点以上。まずは7日間の無料お試しへ!

詳細はコチラ!

反射について

反射の描き方0 反射の描き方1

水面に立方体が反射して映っている、2つのイラストを見てみましょう。 まずは1枚目のイラストAです。ビルを下から見上げているように、消失点は画面の上に存在しています。

反射の描き方2

2枚目のイラストBを見てみましょう。こちらは接地面を境に、立方体の消失点が別個に存在しており、消失点が画面の上下に存在しています。

反射の描き方3

観測者は、若干上を向いています。 さて、鏡面での反射の仕方は、イラストA、イラストBの、どちらが正しいでしょうか? イラストAは消失点を上方向に統一、イラストBの消失点は上下に存在しています。

反射の描き方4 反射の描き方5

考え方の解説です。 図の「a」の立方体から出た下向きの光は鏡面で反射し、方向が上に向かって観測されます。結果、「d」の位置から光を発せられているように見えるとのことです。 同様の考えで、図の「b」からの光は、「c」の位置から光を発せられているように見えることになります。

つまり、観測者には、地面より下にも同じ立方体が「擬似的」に見えている、ということになります。 言い換えると、反射面の下にも立方体があると思えばよく、視線が上をを向いているのであれば、高さ方向の消失点は「上」に存在することになります。

よって、最初の「イラストA、イラストBの、どちらが正しいでしょうか?」の問いの回答は、"計算上"正しいのはイラストA、ということになります。 水面への反射を描く際に、構造物を反転して利用してしまいがちですが、今回の反射の考え方も意識してみてはいかがでしょうか。 (絵は正しいことが全てではないので、演出上、イラストBのような構図も面白い、とのことです)。

まとめ

反射について考えたことがないと、思わず、イラストBの方が正しい、と答えてしまいそうです。水面に映る、幻想的な景色を描きたいのだけれど、反射で映っている建造物のパースは、どこの消失点に向かうのだろうか…。反射の描き方講座をお探しの方は、わいっしゅさんの反射の話を、参考にしてみてください。

最後に、わいっしゅさんのプロフィールをご紹介します。わいっしゅさんは、Purplesoftware「アオイトリ」、HARUKAZE「ノラと皇女と野良猫ハート2」、りびどーそふと「残念な姉との幸福論」、ニキ株式会社「ミラクルニキ」などの作品で、イメージボード、背景美術を描かれていらっしゃいます。PixivやTwitterの方にも、素敵な作品をご投稿されていらっしゃいますので、ぜひご覧ください!

わいっしゅさんのPixivはこちら
わいっしゅさんのTwitterはこちら
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる

×