絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

アヒル口の唇の描き方・唇やまぶたの影のつけ方をイラスト解説!

更新日:2018.12.07

女性の可愛らしい口元の名称である「アヒル口」。唇やまぶたなど、凹凸がたくさんあって難しい形をしている「顔のカゲ」。
今回は、顔周りの描き方の講座をPixivにまとめていらっしゃった、KYAN-DOGさんの解説イラストから、アヒル口の描き方と顔のカゲのつけ方を見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

Pixiv 「KYAN-DOGさん アヒル口と影について」

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績、初心者からプロ志望までピッタリの授業が60点以上。まずは7日間の無料お試しへ!

詳細はコチラ!

解説イラスト

アヒル口の描き方

あひる口の描き方1

まずは、アヒル口の描き方を見ていきましょう。
アヒル口には、TYPE1とTYPE2があります。

あひる口の描き方2

上段がTYPE1のアヒル口で、口を食いしばっています。
下段はTYPE2のアヒル口で、口を少し開けています。
お好みに合わせて、アヒル口を描き分けていきましょう。

あひる口の描き方3

右側上段は、口横の線の途中をなくしたアヒル口です。グリスを塗った艶のある感じを表現できます。
右側下段は、口周りを丸くしたアヒル口です。さらにネバっぽい感じを表現できます。

あひる口の描き方4

また、口周りのカゲは、しっかり塗らないことも大事です。下からのテカリが表現されず、立体感がなくなってしまうとのこと。下唇の下のライン際などは、塗り残しておきましょう。

カゲのつけ方

アヒル口の描き方6

続いては、顔周りのカゲのつけ方を見ていきましょう。
目の下の盛り上がりを特に意識して、カゲをつけています。
他にも、眉とまぶたの間、頬、鼻と上唇の間、唇、下唇と顎の間の凹凸も考慮して、カゲつけをしています。

アヒル口の描き方7

下まぶたの盛り上がりによって、光が当たる部分とカゲになる部分ができていますね。

アヒル口の描き方8

キャラクターがリアル調になるほど、顔の細かい凹凸も考えなくてはならないと思います。
顔の凹凸が苦手な方は、KYAN-DOGさんの解説イラストのカゲの付け方を参考にしましょう!

まとめ

アヒル口と顔周りのカゲについての講座でした。キュートな唇をした、可愛い女性キャラクターを描きたい!今まではデフォルメが強いキャラクターを描いていたけれども、もう少しリアルなキャラクターの顔も描いてみたい!そんなときは、KYAN-DOGさんの解説イラストを参考にしてみて下さい。

最後に、KYAN-DOGさんのPixiv、Twitter、インスタ、ホームページをご紹介します。イラストレーターとして多方面でご活躍されていらっしゃいますので、ぜひご覧ください!

KYAN-DOGさんのPixivはこちら
KYAN-DOGさんのTwitterはこちら
KYAN-DOGさんのインスタはこちら
KYAN-DOGさんのホームページはこちら
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる

×