絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

イラストをアニメのように加工する、アニメスクショ風メイキング!

更新日:2018.10.21

自分の描いたキャラクターがアニメになる。そんな想像をした事はありませんか? 今回はそんな素敵な想像を具現化できる「アニメスクショ風メイキング」を、づかさんのツイートから学んでいきましょう!
※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

アニメスクショ風メイキング

➀まずスクショ風にするキャラクターを描きましょう。使用しているソフトはCLIP STUDIO(クリスタ)です。今回のメイキングではタコの絵を使用しています。線画は細めで影にボカしは入れていません。
次にレイヤーを複製し、お好みでレイヤーモードを変えて不透明度を調節します。(今回は合成モードの中の[スクリーン]で設定しています)
背景はクリスタの素材を少しボカしたものを使用しています。そしてここで画像はすべて結合します。

1

➁ ➀で制作した絵の上に[グラデーション]ツールで下図のようなグラデーションを掛けます。それを合成モードの中にある[オーバーレイ]に変更すると、背景とキャラクターの色味が統一され陰影が馴染みます。

2

➂更にイラストに加工を加えていきます。
まず新規レイヤーを2つ作成し、それぞれを[スクリーンレイヤー]と[乗算レイヤー]に設定します。
[スクリーンレイヤー]は上から下へ消えていくグラデーションを白色で作ります。
[乗算レイヤー]は下から上へ消えていくグラデーションを黒色で作ります。不透明度は好みで調節して下さい。

3

メニューバーの[レイヤー]から[新規色調補正レイヤー]を押すと[カラーバランス]があります。
補正は自分のお好みで調整してみて下さい。

3-2

➃太陽の光をもう少し主張させる為に、画像右上の辺りにブラシで色を置きます。
そしてレイヤーの合成モードを[発光]に変換します。

4

➄更にアニメ感を出す為に、水しぶきや光のキラキラ表現、黒い枠線を追加させます。タコの顔を強調させるために周囲も少しボカしています。
全体を少しボカすと、よりアニメ風に見える気がするそうです。

5

これでアニメスクショ風イラストの完成です!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

まとめ

このメイキングが少しでも絵を描く何かの手助けになれば嬉しいと、づかさんよりコメントをいただいております。
づかさんのツイートを参考にしつつ、自分にあった好みのやり方で是非アニメ風イラストを描いてみて下さいね!

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×