絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

デジタルで描く綺麗で印象的な瞳のメイキング

更新日:2018.09.22

キャラクターを描く時に重要視するポイントは人それぞれですが、特に瞳に力を入れて描いているという人は多いのではないでしょうか。
瞳の描き方を少し良くするだけで漫画の売り上げが変わったという話がある程、印象的な瞳というのは人の心を引き付ける力があります。
そこで今回は、吸い込まれるような綺麗な目を描く為のメイキングをせな茶さんのツイートから学んでいきましょう。
※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

この記事の目次

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績、初心者からプロ志望までピッタリの授業が60点以上。まずは7日間の無料お試しへ!

詳細はコチラ!

目のメイキング

まずはせな茶さんのメイキングをご覧ください。使用しているソフトはCLIP STUDIO PAINTです。

綺麗で印象的な瞳のメイキング

まずは瞳の色のベースを決め、その1番薄い色で全体を塗っていきます。

綺麗で印象的な瞳のメイキング①

①の上から少し濃い色を乗せていきます。以降は①のレイヤーにクリッピングをしていくと塗りやすいそうです。

綺麗で印象的な瞳のメイキング②

更に濃い色を乗せていきます。少しずつ瞳の内部も描いていきましょう。

綺麗で印象的な瞳のメイキング③

更に上から暗い色を乗せていき、瞳孔も描き足します。

綺麗で印象的な瞳のメイキング④

黒に近い色で更に上から重ねていきます。少し厚塗りを意識した塗り方です。

綺麗で印象的な瞳のメイキング⑤

➁~➄までの色の選び方です。カラーサークルを左上から右下に、右肩下がりにくるように選んでいるそうです。
選ぶ色が薄い時などはこの右肩下がりを緩やかにするのがポイントです。

綺麗で印象的な瞳の色選び

オーバーレイで瞳のベースと同じ色味と、もう1つ別の異なる色味で塗っていきます。

綺麗で印象的な瞳のメイキング⑥

加算で少し瞳の光を塗ります。後で同じ様な工程があるのでここは無くても良いそうです。

綺麗で印象的な瞳のメイキング⑦

仕上げのオーバーレイを掛けます。日光を意識して、薄い黄色と橙色の中間色を選んでいます。雰囲気が和らぎ全体的に統一感も出ました。

綺麗で印象的な瞳のメイキング⑧

仕上げの加算で、瞳の光を描き込んでいきます。このイラストでは周りのモチーフの反射光が目に映り込んでいるイメージで描き加えているそうです。白以外にもいろんな色を使用しています。
これで瞳は完成です!

綺麗で印象的な瞳のメイキング⑨

まとめ

単純に色を重ねるだけではなく、ハイライトや映り込みを意識した加算などを丁寧に加えていくと印象的な瞳が出来上がります。今回のメイキングを参考に素敵なキャラクターを描いてみて下さいね!

最後にせな茶さんのTwitterをご紹介します。
今回のメイキングの他にも美しい素敵なイラストが沢山投稿されていますので、ぜひご覧ください!

せな茶さんのTwitter
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる

×