13 620 130 new

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

明度から背景イラストを考える。モノトーンの階調で絵のバランスを意識

更新日:2022.07.29

魅力的なイラストに仕上げるためには何を意識すればよいのだろう? そんなときは、イラストを構成する重要な要素の一つの「明暗のバランス」を考えてみると良いと思います。

今回は、Twitterから、Masashi Kageyamaさんのご投稿を紹介します。モノトーンの明暗の階調から考える、背景イラストのメイキングを見ていきましょう。

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので空いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので空いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

明度から背景イラストを考える

描いていくイラスト

①大まかな形を取る

下地の色を置いて大まかな形を取る キャンバスに下地の色を置いて、大まかに形を取ります。

気持ちの良いラインの流れを意識しましょう。

②暗い階調の色を置く

暗い階調を置く 一種類の暗い色を描き入れます。暗い固有色の物や、影の部分を塗っています。

初めから階調数を増やすと複雑になってしまうので、シンプルに始めましょう。

③明るい階調の色を置く

明るい階調を追加する 先ほど置いた色よりも明るい色で、もう一種類の階調を置きます。ここでは、草や屋根などを表現しています。

色についてはまだ考えず、モノトーンのバランスに集中しています。

④一番暗い階調の色を追加する

暗い階調を追加する 手順②で描いた色の中に、更に暗い色を描き入れます。木の内側など、光のほとんど入らないところに色を置いてます。

⑤中間色を追加する

中間色を増やしていく 中間色を少しずつ増やしていきます。水面や斜面に中間色が追加されています。

⑥階調数をキープしながら色の変化をつける

色に変化をつける 空や屋根に、寒色寄りの色の変化を少しつけています。

この段階では、6種類程度の階調しか使っていません。このバランスをキープしていきます。

絵をモノクロにすることで、トーンのバランスをチェックすることができます。明暗を意識しながら進めてみてください。

⑦少しずつ色を描き足す

色を描き足していく 先ほどのシンプルなモノトーンのバランスを維持しながら、少しずつ色を描き足していきます。

空の水色や、芝の黄緑色が加わっています。

⑧ディテールを描いていく

ディテールを描く 後はディテールを描いていくだけです。

焦点となるところをリアルめに、その他は省略することを意識して、手数を抜いて描くと見やすい絵になります。

⑨階調のバランスを確認しながら描き進める

階調のバランスをチェック ディテールに気を取られると、モノトーンのバランスを崩しがちです。

目を細めるなど、全体を意識しながら、それぞれの階調のバランスをチェックします。

⑩描き進める

描き進める 家や囲い、水面や地面などを更に描き進めていきます。

⑪イラストの完成

イラストの完成 イラストが完成しました!

ディテールが追加されて色の数も増えていますが、全体的な階調のバランスは手順⑤の辺りから変わっていません。

前半で計画した階調のバランスを保つことで、明度のコントラストにメリハリがあって惹き込まれる絵に仕上がっています。

解説の補足

解説の補足 解説した描き方は一つの手法であって、絶対ではありません。Masashi Kageyamaさんも、毎回描き方は変化しており、色から描くこともあるそうです。

ただ、モノトーンのシンプルなバランスは常に意識されており、伝わりやすいメリハリのある絵に仕上げるためには、必要な要素とのことです。

今回制作した絵も、少ないストロークでディテールを詰めすぎずに描かれていて、伝わる絵に仕上げられています。

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

まとめ

モノトーンの明暗の階調から考える、背景イラストのメイキング解説でした。

明暗のメリハリをつけることで、伝わりやすい絵に仕上げることができます。どこか物足りない絵になってしまう……とお悩みの方は、Masashi Kageyamaさんの解説を参考に、明暗のバランスを考えながらイラストを制作してみてください。

最後に、Masashi Kageyamaさんのプロフィールをご紹介します。Masashi Kageyamaさんは、コンセプトアーティストのお仕事をしていらっしゃいます。

Masashi KageyamaさんのTwitter・ArtStationでは、他にも素敵なイラストを投稿されているので、ぜひご覧ください!

関連講座
関連講座

パースのついた美しい背景イラストを描いてみよう!

【先生特製のブラシがDLできる!】
「ざっくりとそれっぽく見える」テクニックで、初心者でも安心して背景イラストへの第一歩を踏み出せます!
今なら無料お試し実施中!!

詳細はこちら >

「影の色選び」を中心に、配色の基礎知識をサクッと学ぼう♪

NG例・OK例を参考に、実践用の課題ファイルを使ってイケてる配色に挑戦してみよう!
今なら無料お試し実施中!!

詳細はこちら >

逆光イラストの描き方をプロが徹底解説!

逆光に焦点を当ててハイライトの付け方や影の付け方をプロが解説!
重ねムラブラシを使いこなして塗りの上達を目指そう!
今なら無料お試し実施中です。

詳細はこちら >

カラーのキャラクターイラストを完成させてみよう!

アタリ〜ラフ〜線画〜色塗り〜仕上げの手順とポイントを、初心者にもわかりやすく実演します♪
今なら無料お試し実施中!!

詳細はこちら >
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
22 620 174

×