13 620 130 new

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

ドット絵用のツール・アプリを紹介!ピクセルアートを描きたい方にオススメ

更新日:2022.01.14
ドット絵ツールアイキャッチ

ドット絵を描きたいけれど、どのペイントツールを使えば良いのだろう? ドット絵の制作では、点を打つように1ドットずつ色を入れていくので、ドット絵専用のツールを使うとスムーズに絵が描けます。 今回は、PCやスマホでドット絵を制作することができる、ツールやアプリをご紹介します。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

ドット絵用のツール・アプリを紹介

Steamで購入できる高性能なドット絵ツール「Aseprite」

Asepriteは、PCソフトの配信プラットフォームであるSteamで販売されています。PCにSteamをインストールした後、SteamからAsepriteを起動して使用します。

Aseprite

Aseprite内に表示されるボタンや文字などのインターフェースは、全てドット絵風に作成されています。 ドット絵が好きな方は、より楽しく作品を制作できそうですね。

使いやすく多機能なのがAsepriteの特徴です。グラデーションやぼかしなど、ドット絵ツールとしては珍しい機能も備わっています。

ドット絵用の高性能なツールをお探しの方は、ぜひご購入を考えてみてください。

Asepriteの特徴

  • 有料ツール
  • ドット絵制作を本格的に始めたい方にオススメ

Webブラウザから手軽に使えるドット絵ツール「PixNote」

PixNoteは、Webブラウザ上で動作するドット絵ツールです。

PixNote

PixNoteはツールやアプリのインストールが不要で、PCやスマホのブラウザからすぐに使えて便利です。 ドット絵を描くのってどんな感じなの……?と、制作ツールを試してみたい方に向いていると思います。

画面の右上に、描いた絵をPNGファイルに出力するボタンがあります。 ドット絵を描き終えたら、作品をPNG出力してローカルに保存しておきましょう。

PixNoteの特徴

  • 無料ツール
  • ドット絵に触れてみたい方にオススメ

コミュニティも充実しているドット絵アプリ「ドットピクト」

ドットピクトは、iOS・Android用のドット絵アプリです。

ドットピクト

インターフェースはドット絵風に作られている部分が多く、操作画面も分かりやすいです。 プリセットのお手本のドット絵からカラーパレットを作ることもできるので、色選びでお悩みの方は参考にしましょう。

ドットピクトでは、ドット絵を制作する機能だけでなく、描いた作品の投稿や閲覧などのイラストSNSの機能も提供されています。 好きな絵描きさんをフォローして作品を眺めるなど、ドット絵を描かれている他の絵描きさん達と交流するのも楽しいと思います。

公式企画やユーザー企画、ネタが提供されるお題なども賑わっているので、ぜひ参加してみてください。

ドットピクトの特徴

  • 無料アプリ(アプリ内の広告有り)
  • イラストSNSを楽しみたい方にもオススメ

シンプルで初めてでも使いやすいドット絵アプリ「8bit Painter」

8bit Painterは、iOS・Android端末で使えるシンプルなドット絵アプリです。

8bit Painter

画面下部のタブバーには、ペン・消しゴム・スポイト・色変更・グリッド表示のボタンが付いています。 8bit Painterでは、ドット絵の制作に必要な最低限の機能だけを実装しており、初心者の方でも迷うことなくドット絵を描くことができます。

画面操作のチュートリアルもアプリ内から見ることができるので、初めて8bit Painterを使う方は参考にしてみてください。

写真を読み込んでドット絵に変換する機能も使えます。 いろんな写真をドット絵に変換して、見比べてみるのも面白いのではないでしょうか。

8bit Painterの特徴

  • 無料アプリ(広告を削除できるアプリ内課金有り)
  • ドット絵の初心者の方にオススメ

多機能ながら操作しやすいドット絵アプリ「Pixelable」

Pixelableは、iOS端末で使えるドット絵アプリです。

Pixelable

画面下にカラーパレットや機能ボタンが一覧で並んでいるので、使いたい色や機能をスムーズに選べます。 オプションでズームコントローラーを画面に表示することもでき、移動や拡大・縮小の操作に便利です。

姉妹アプリとして、「Dottable」も提供されています。作成できる絵のサイズ上限が違うなど、細かい差異はありますが、基本的な使い方は共通しています。お好みの方を使ってみてください。

Pixelableの特徴

  • 無料アプリ(広告を削除できるアプリ内課金有り)
  • UIが分かりやすいアプリを使い方にオススメ

アニメーション制作にも便利なドット絵アプリ「EDGE Touch」

EDGE touchは、iPhone・iPod Touchで使える256色用のドット絵アプリです。

EDGE Touch

前後のコマを下絵として薄く表示するオニオンスキンの機能も実装されており、キャラクターの連続した動きが描きやすいです。ドット絵でアニメーションを作りたいと思っていらっしゃる方は、オニオンスキンを活用してみてください。アニメーションのコマ数を編集する画面も分かりやすく、すぐに慣れると思います。

PCでドット絵を描きたい方に向けて、無料ツールの「EDGE」と有料ツールの「EDGE2」も公開されています。 WindowsのPCでドット絵制作をお考えの方は、ぜひダウンロードしてみてください。

EDGE Touchの特徴

  • 有料アプリ
  • アニメーションを作りたい方にもオススメ

キャラクターイラストのための人体デッサン講座

「キャラの身体が描けない……」とお悩みの方へ!
この講座は、キャラクターイラストをもっと上手くなりたい人のための、身体の描き方講座です。 7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

まとめ

ドット絵用のツール・アプリの紹介でした。ドット絵の制作は「点を打つ」感覚で進めていくので、「筆で描く」イラスト制作とは、また違った楽しさがあります。ドット絵に興味をお持ちの方は、ご紹介したツールやアプリを使って素敵な作品を作ってみてください。

関連講座

絵だけで「誰で・何をしていて・何を考えている」キャラか伝えられますか?

絵にいいねが増える!?
「伝わる」イラストを描けるようになればあなたのイラストの魅力がどんどんUP♪
今なら無料お試し実施中です。

詳細はこちら >

魅力的なファンタジー建築物の描き方を丁寧に解説♪

窓や屋根、扉、増築など素材や地域の違いなどを表現するための知識を得て、ファンタジー建築のデザインのコツを学んでみよう!
今なら無料お試し実施中です。

詳細はこちら >

逆光イラストの描き方をプロが徹底解説!

逆光に焦点を当ててハイライトの付け方や影の付け方をプロが解説!
重ねムラブラシを使いこなして塗りの上達を目指そう!
今なら無料お試し実施中です。

詳細はこちら >

魅力的なファンタジー建築物の描き方を丁寧に解説♪

窓や屋根、扉、増築など素材や地域の違いなどを表現するための知識を得て、ファンタジー建築のデザインのコツを学んでみよう!
今なら無料お試し実施中です。

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
13 620 130 new

×