12 620 174

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

iPad絵師に人気のリファレンス・画像編集アプリ「VizRef」。Procreateとの同時起動も可能

更新日:2020.10.19
iPad絵師に人気のVizRefアイキャッチ

お絵描きや資料表示用のデバイスとして便利なiPad。資料を見やすく並べられるリファレンスアプリを活用することで、イラストや漫画の作業も快適になります。
今回は、リファレンスボードを作って資料を配置でき、画像編集やペイントアプリと同時起動も可能な「VizRef」をご紹介します。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

iPad絵師に人気の画像編集・リファレンスアプリ「VizRef」

「VizRef」とは

「VizRef」は資料画像をリファレンスボードに並べて表示できる、iPad用のアプリケーションです。クリエイター向けに作られており、iPadOSのマルチタスク機能を利用することで、ペイントアプリと併用することもできます。iPadとProcreateを使って作業をしている方など、絵描きの方に人気のリファレンスアプリです。

※VizRefは、iOS 13.2以降のiPadに対応しています。

操作が簡単、自由に作れるリファレンスボード

VizRefの画面

VizRefの画面を表示しています。画面左下の「+」ボタンから資料の画像を読み込んで、リファレンスボードに貼り付けていきます。静止画のファイル形式だけでなく、アニメーションのGIFファイルも読み込むことができます。

VizRefに資料を読み込む

資料は好きな位置に移動させることができ、四隅のマークをドラッグすることで資料の大きさを変更できます。リファレンスボードをドラッグすると画面がスクロールして、ピンチ操作をするとリファレンスボードの拡大/縮小ができます。
操作が直感的で使いやすいアプリです。

Webサイトの画像を、リファレンスボードに直接移すことができる

VizRefの画面の上にSafariを表示する

Safariで表示しているWebサイトの画像を、VizRefのリファレンスボード内に移すことが可能です。

画面の下部から上部にスワイプして、Dockを表示します。Safariのアイコンを長押しして、ドラッグ操作で画面内に持っていきます。Slide Overの機能で、VizRefのアプリ画面の上にSafariを表示することができます。

Webサイトの画像をボード内に持ってくる

Safariで開いているWebサイトの画像を長押しして、ドラッグ操作でVizRefのリファレンスボードの中に持っていきます。画像をローカルに保存してVizRefで読み込む手間を省くことができ、資料集めもスムーズに進められます。

※Slide Overの機能は、iPad(第5世代以降)・iPad mini(第4世代以降)・iPad Air(第2世代以降)・iPad Proで使うことができます。

トリミング・反転・モノクロ化などの画像編集が可能

編集前の資料 編集後の資料

リファレンスボード内の資料をタップして選択すると、画面の右下に編集バーが表示されます。編集バー内のボタンから、トリミングやモノクロ化の画像編集が行えます。反転機能もついており、参考にしやすい資料に加工できる便利な機能です。

回転前の資料 回転後の資料

資料が参考にしづらい角度でも、90°ずつ回転させて画像の調整ができます。

Procreateなどのペイントソフトと同時起動が便利

Procreateと同時起動

画面の下部から上部にスワイプして、Dockを表示します。Procreateのアイコンを長押しして、ドラッグ操作で画面の端に持っていきます。
Split Viewの機能で、解説画面のようにVizRefとProcreateを同時に起動することができます。

表示領域を調整

Split Viewの分割線をドラッグすることで、各アプリの表示領域を調整することが可能です。片方のアプリを閉じたい場合は、分割線を閉じたいアプリ側の画面端へ移動させます。

VizRefの領域を小さくする

リファレンスボードの領域を自由に調整できるので、お絵描き用のスペースを十分に確保することができます。

※Split Viewの機能は、iPad(第5世代以降)・iPad mini(第4世代以降)・iPad Air(第2世代以降)・iPad Proで使うことができます。

iPhone用には「VizRef Lite」が公開されている

iPhoneをお使いの方に向けて、VizRef Liteも公開されています。
VizRef同様、自由にリファレンスボードを作ることができ、資料の表示用のアプリとして役立ちます。VizRef Liteでは、Safariやペイントアプリと同時に起動できるマルチタスク機能は使えないので注意が必要です。

PC用の資料ツールは「PureRef」がおすすめ

PCで使える資料の表示用のツールをお探しの方には、PureRefがおすすめです。PureRefは、Windows・MacOSX・Linuxのデバイスで使用することができます。


関連記事




関連講座

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

まとめ

iPad用のリファレンスアプリ、「VizRef」のご紹介でした。iPadでお絵描きをされている方、iPadを資料表示用の端末として使われている方は、ぜひVizRefをダウンロードしてみてください。
「VizRef(iPad用)」 AppStore
「VizRef Lite(iPhone用)」 AppStore

パルミーは3,000名以上の利用実績!今なら無料お試し実施中

初心者からプロ志望まで大歓迎。
神絵師・プロ講師がゼロからわかるイラストの描き方&練習法を公開しており、様々なポーズ・構図も自由自在に。
今なら無料お試し実施中です。

詳細はこちら >

初めてでも描ける!背景入門講座

「キャラを描けるようになってきたので背景のついた一枚絵を描きたい!でも、背景なんて描いたことが無い……」 そんな方でも安心して第一歩を踏み出せるように設計された背景講座!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

ゼロからはじめるキャライラスト入門講座

ペンの選び方・線の引き方・紙の使い方からスタートして、効果的な練習の仕方、顔や身体の描き方まで、絵を描くための基本の基本を解説!

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×