12 620 174

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

脱力気味でかわいい、ゆるいキャライラストの描き方【初心者向け】

更新日:2020.06.29
【初心者向け】脱力気味だけどかわいい、ゆるいキャラ・人のイラストの簡単な描き方

絵心が無い、絵を描くのは苦手だけどカワイイ絵が描きたい……!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実はそんなに難しく考えなくても、「〇」(丸)や「△」(三角)といったシンプルな記号・図形の組み合わせで簡単にイラストを描くことはできます。
今回は、力んでないけどかわいい、ゆるいキャラクター・人のイラストの描き方についてご紹介いたします。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

ゆるいけどかわいい!脱力系イラストの描き方のコツ

脱力系イラストを描くには、「脱力」の通り、力を抜いて描きましょう。
形を細かく捉えようとしたりと、難しく考えてはいけません。
線画も軽めに、形はあっさりと大まかに捉えていきましょう。

そして何より、楽しんで描くようにしましょう。
その楽しい気分は必ず、イラストやキャラクターに表れます。

1.顔の描き方

1:顔の描き方

ゆるいイラストでの顔の描き方の基本です。
まずは「〇」(丸)を描き、その中に「●」(点)で目を追加し、更に口の線を一本入れます。
たったの3ステップですが、これで簡単な顔を描くことができます。
以降も述べますが、目の間を離したり、口元の形を変えれば更に沢山の表情を描くことができます。

2.人の体の描き方のポイント

2:人の描き方のポイント

ゆるいイラストで人の体を描く方法です。
顔は「〇」(丸)、胴体は「△」(三角)と単純な形で取っていき、最後に手足を足せば簡単に人体が描けます。
髪の毛や衣服など細かい所から描きだすのではなく、全体のシルエットから形を取っていくのがコツです。
指の長さや開き方などは気にせず、シルエットが人間と分かるように描けていればじゅうぶんです。

3.男女の描き分け方

3:男女の描き分け

ゆるいイラストで男女の性別を描き分けるポイントです。
男性はネクタイ+スーツやブレザー制服、女性はスカートやロングヘアを描くことで性別の違いを表現しやすくなります。
目にまつ毛を足すと、女性の顔らしくなります。

4.年齢の表現

4:年齢の表現

年齢の描き分け方のコツです。幼い子供は顔の丸みを強調したり、ほっぺを描くと幼さが表現できます。
アクセサリーを着けたり、やや頭身を上げて描いたりすると、大人の女性と分かりやすくなります。
シニアの女性は顔にシワを入れたり、腰をやや前屈させると年齢感が出ます。

5.眉毛・口角の上下で感情を表現

5:眉毛、口角の上下で感情を表現

眉毛や口角の向きや角度を変えれば、喜怒哀楽の表情が簡単に作れます。
口角を上げれば楽しげな表情、口角を下げれば悲しげな表情、眉毛を逆八の字につりあげれば怒った表情、眉毛を丸く上げれば喜びの表情が描けます。

6.「漫符」を使う

6:漫符を使う

漫画には「漫符(まんぷ)」と呼ばれる独特の表現があります。例えば顔の周りに汗を足せば「焦り」、鼻ちょうちんを足せば「寝ている様子」、顔から煙が噴き出ているように描けば「興奮している(恥ずかしい、悩んでこんがらがっている)になど、 細かな感情表現が可能です。

7.体に動きをつける

7:からだに動きをつける

正面から見た棒立ちの人のイラストを描くのに慣れてきたら、今度は動きをつけてみましょう。手を振ったり、両手を上げてビックリさせたりなど、体全体に動きをつけることで、より感情豊かにキャラクターを表現することができます。
できるだけ大げさに描くことで、見た人に何のイラストなのか伝わりやすくなります

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

まとめ

いかがでしょうか。イラストを描くのはとても楽しく面白いことです。そしてその描き方にも決まりはありません。
「ゆるいイラスト」というのも、一つの画風と捉えることができます。まずは「丸」「三角」などシンプルな形を組み合わせて、シルエットで表現するところから始めてみてはいかがでしょうか。
あまり難しく考えず、作品を作っていけるようになるとよいですね。

パルミーは3,000名以上の利用実績!今なら無料お試し実施中

初心者からプロ志望まで大歓迎。
神絵師・プロ講師がゼロからわかるイラストの描き方&練習法を公開しており、様々なポーズ・構図も自由自在に。
今なら無料お試し実施中です。

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

ゼロからはじめるキャライラスト入門講座

ペンの選び方・線の引き方・紙の使い方からスタートして、効果的な練習の仕方、顔や身体の描き方まで、絵を描くための基本の基本を解説!

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
22 620 174

×