13 620 130 new

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

使いやすい消しゴムはどれ?オススメの製品をご紹介。

更新日:2020.04.01
イラストにおすすめの消しゴムアイキャッチ

絵が上手く描けない時は、「消しゴム」のお世話になることが多いと思います。消字性能の低い消しゴムを使っていると、紙を汚してしまったり、力を入れ過ぎて紙を折ってしまうことも…。
そこで今回は、イラストを描いていらっしゃる方に人気の高い、消しゴムの製品を見てみましょう。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので空いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので空いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

使いやすい消しゴム

〔PLUS〕 AIR-IN

ユーザーの感想は?
・軽い力でよく消える
・使い込んで角が丸まっても消しやすい
・消しカスがまとまりやすい
・別メーカーの消しゴムは使っていくうちにボロボロ欠けてしまうが、AIR-INは欠けない

AIR-IN(エアイン)は有名な消しゴムで、文具店などでもよく見かけると思います。趣味・仕事問わず愛用していらっしゃる方が多く、軽い力で消しやすい、ゴミがまとまりやすい、使っている最中に欠けづらい点が評判が良いポイントでした。消しゴム選びで迷ったら、買っておいて損のない製品です。

〔PLUS〕 W AIR-IN

ユーザーの感想は?
・アナログの絵描きにオススメ
・軽く消せるので用紙が痛まない
・他の消しゴムが使えなくなってしまう位性能が良い
・スリムでデザインが好き

W AIR-INは、多くのアナログ絵描きの方が使用している消しゴムで、ネットでも大好評です。AIR-INよりもさらに軽い消し心地に拘っているとのことで、用紙を傷めず、汚さず、快適なイラスト制作ができます。製品本体もコンパクトにまとめられており、持ち運びにも便利です。

〔IC〕 ESTO

ユーザーの感想は?
・軽い力で消えやすい
・消しカスがまとまりやすいのが最大の長所
・折れにくく使いやすい
・文房具店ではあまり見かけない消しゴム

ESTOは、コミック用の画材として販売されている消しゴムです。消しカスのまとまりが良い、用紙を汚さないことを、多くのユーザーの方が感想として挙げていらっしゃいました。コミック用品なので、文房具店などで見かけることは少ない製品です。

〔コクヨ〕 リサーレ

ユーザーの感想は?
・消え方が抜群
・黒い汚れが残らない
・再生紙と相性が良い
・デザインがかっこいい

コクヨのリサーレは、消し心地がよいことで評判の消しゴムです。プレミアタイプのリサーレは、一般的な事務用のリサーレよりも消字性能が高くなっているようです。カラーバリエーションも多いので、文具のデザインに拘りたい方にもオススメです。

〔サクラクレパス〕 フォームイレーザーダブル

ユーザーの感想は?
・絵描きの画材としてオススメ
・消しゴムの中で最高
・ダイソーで買えた
・AIR-INと同じくらい性能が良い

フォームイレーザーダブルは高性能の消しゴムで、愛用しているアナログ絵描きの方が数多くいらっしゃいます。サクラパレスの他にもPILOTからも販売されておりますが、パッケージのデザインが違うだけで、消しゴムの性能はどちらも同じようです。ダイソーで購入されている方も多く、100円均一で画材を集める際に合わせて買うのもよいかもしれません。

〔PLUS〕 電動消しゴム

ユーザーの感想は?
・字や絵が勢いよく消える
・細かいところを消すのに便利
・手が疲れない

電動消しゴムはモーターで動く電動の字消器で、細かい箇所をピンポイントで消す際に便利です。ボタンを押して消しゴムの先端を用紙に当てるだけでよいので、手が疲れません。電動なので乾電池が必要で、製品によっては動作音が大きい場合があります。抜群の消字性能を誇る反面、勢いが強いので、用紙を傷つけないように気をつけましょう。

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

まとめ

使いやすいオススメの消しゴムのご紹介でした。イラスト用の消しゴムを選ぶ際には、ご紹介した製品をご検討してみてください。
また、絵の細かい部分を消す際には、テンプレート定規を併用するのもオススメです。細部に消しゴムを当てると余計な箇所も消してしまいがちですが、テンプレートの穴を利用すれば枠内だけを正確に消すことができます。

キャラクターの顔と立ち絵を描いて、描き方の基本を学ぼう!

イラスト制作の基礎「顔・表情」「身体」「ポーズ」「着色・カラーリング」を
はじめて絵を描く人にもわかりやすく解説します!
\ 7日間の無料お試し実施中 /

詳細はこちら >

「棒立ちしか描けない」から卒業しよう!

キャラの全身を描くのに必要な「身体のパーツ」の構造や、アオリやフカンのポーズを描くための「パース」の基本を学ぼう♪
今なら無料お試し実施中!!

詳細はこちら >

パースのついた美しい背景イラストを描いてみよう!

【先生特製のブラシがDLできる!】
「ざっくりとそれっぽく見える」テクニックで、初心者でも安心して背景イラストへの第一歩を踏み出せます!
今なら無料お試し実施中!!

詳細はこちら >

「影の色選び」を中心に、配色の基礎知識をサクッと学ぼう♪

NG例・OK例を参考に、実践用の課題ファイルを使ってイケてる配色に挑戦してみよう!
今なら無料お試し実施中!!

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
22 620 174

×