12 620 174

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

素材の配置で描こう!背景イラストの練習テクニック

更新日:2020.03.06
素材の配置で描こう!背景イラストの練習テクニック

「キャラは描けるけど背景は苦手」という方は、いい練習法が無いものかと思われるのではないでしょうか。
そこで今回はToy(e)さんのツイートから、背景を作って行く練習方法を学んでいきましょう!
※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

キャラクターが描ける人は、背景素材も描けます

背景イラストを描くには、まず
1.伝えたい情報を整理する
2.画面のレイアウトを決める
3.陰影バランスを考える
4.モチーフを描き込む

…といった手順を踏みます。

ただ、こういったレイアウトや陰影バランスは、ある程度画面全体を描き込んでからでなければ絵的な良し悪しが判断できないので、容易に練習できるものではありません。

それならばキャラクターを描くように、
・山や木といった個別の素材(≒キャラクター)を用意し、それらを配置する
(レイアウトの練習)
・フォトバッシュ的に陰影を調整する
(陰影バランスの練習)

…と、手順を逆にして行うと、疑似的に背景イラストを描けるのではないでしょうか。

1.素材作成

1.素材作成

背景に使えそうな素材を個別に描いていきます。
山、空、雲といった素材が使い易いでしょう。

2.素材配置

2.素材配置

1で作成した素材を配置します。
各パーツは拡大縮小ツールで調整しながら揃えていきます。
パッと見で、画面構成上違和感が無ければOKです。

3.加筆調整

3.加筆調整

全体の陰影を調整しつつ、お好みでキャラクターを加筆します。

4.仕上げ

4.仕上げ

色味が画面全体で馴染むよう調整し、細部の仕上げを施して完成です。

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

まとめ

いかがだったでしょうか。
複数の背景素材を貼り込んで組み合わせ、1枚の絵にするというやり方は、キャラクターを描いて画面の中に配置し、絵として完成させるやり方と似通っていると言えるのではないでしょうか。
背景を描けるようになるいい練習方法は無いかと迷っていらっしゃる方は、Toy(e)さんの解説を参考にしてみてください。

最後にToy(e)さんのTwitterをご紹介します。
今回紹介している内容の他にも美しく壮言なイラストが沢山投稿されていますので、ぜひご覧ください!

Toy(e)さんのTwitterはこちら

初心者から絵師デビュー!

【初心者歓迎】自宅でイラストが学べるオンライン教室
わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速! \ 7日間の無料お試し実施中 /

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

ゼロからはじめるキャライラスト入門講座

ペンの選び方・線の引き方・紙の使い方からスタートして、効果的な練習の仕方、顔や身体の描き方まで、絵を描くための基本の基本を解説!

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
22 620 174

×