12 620 174

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

ポーズの描き方をアプリで学ぼう!「Easy Pose」をご紹介。

更新日:2020.03.08
EasyPoseでポーズの描き方を学ぶアイキャッチ

腕を組んでいるキャラをアオリのアングルから描きたいのだけれど、絵が想像できなくてイラスト作業が進まない…。
ポーズやアングルが描けずにお悩みの方には、3Dデッサン人形アプリ「Easy Pose」でモデルにポーズをとらせて参考にするのがオススメです。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

ポーズの描き方を「Easy Pose」で学ぶ

Easy Poseとは

EasyPoseは絵描きの方向けのポースアプリです。使いやすいUIデザインやモデルのクオリティも高く、ユーザーからの人気も高いアプリとなっています。
今回は、EasyPoseの機能やモデルを使ったポーズの学び方を見ていきましょう。ご紹介する解説の画像は、iPod touchでアプリを使った際の画面となっております。

基本操作-モデルを画面に追加してカメラを動かす

EasyPoseの初期画面

まず最初に、モデルを画面に追加してみましょう。画面左下の「Add Model」をタップします。

Add Modelのポップアップ

EasyPoseには男性、女性、ヒーロー、乗り物…と様々なモデルが用意されています。デフォルトで使えるモデル、広告を見ると一定時間使用できるモデル、Pro版にバージョンアップすると使用できるモデル、DLC用のモデルと様々な使用形態があります。

モデルを表示する

広告を見ると使用できる、Super Hero♂のモデルを追加しました。
画面中央右のボタンが「Mover Camera」モードになっているので、ピンチイン・ピンチアウトで画面の拡大縮小、二本指ドラッグでカメラの位置を移動させることができます。
「Mover Camera」ボタンをタップすると、「Mover Models」モードに切り替わります。モデルの部位をタップして関節の動きを変えたり、二本指ドラッグでモデルの位置を移動させることができます。可動式のデッサン人形のように、首や腕、脚といった部位ごとの動きを調整することができます。

カメラを動かしてアオリのアングルにする カメラを動かして俯瞰のアングルにする

ピンチインでモデルを拡大表示させて、1本指のドラッグでカメラのアングルを変更しています。腕を組んでいるポーズをアオリや俯瞰から見た際にどのように見えるのかが確認できました。

モデルのクオリティ

左肩を上げると左側の骨盤が下がるコントラポストも再現されていたりと、実際の人間のポーズに近いクオリティでモデルが提供されています。

画面表示の調整-補助線表示やライティング調整などの機能

モデルの補助枠を表示する

画面上部のボタンからは、モデルの表示情報を変更することができます。
顔や腕のパーツごとにブロックの補助枠を表示したり、体の向きに合わせた補助線を表示することができます。

光源をモデルの右上に設定 光源をモデルの左下に設定

ライティングも変更できるので、光源が下にある場合のモデルの陰影なども確認することができます。

横画面表示

デバイスを横にした際の表示にも対応しています。
セーブ&ロード機能もついているので、モデルを何回も使いまわしたい場合は保存しておきましょう。

モデルの機能-ポーズプリセットや小道具を読み込む

Add Groupの説明

画面下部の「Add Group」ボタンをタップすることで、モデルポーズを複数体ごとに保存・読み込むことができます。
画像はデフォルトのプリセットからグループを読み込んでいます。複数モデルを使用してシチュエーションを作りたい場合に便利な機能です。

Presetsの説明

「Presets」機能はポーズプリセットを読み込むことができ、モデルのポーズを簡単に変更することができます。
Hero♂モデルでFemaleのポーズを読み込むこともできたりと、モデルの種類に関係なくポーズプリセットを読み込むことができます。

Propsの説明

「Props」からは小道具のモデルを読み込むことができます。
机、椅子、立体図形…と様々な小道具を画面に追加することができ、DLC購入用のモデルでは楽器や武器なども用意されています。

Animationsの説明

「Animations」機能は、モデルに様々なアニメーションをさせることができます。
歩く、走る、ダンスといった動作を再生速度を変えて再生することができます。ポージングをアニメで確認したい方にはオススメの機能です。

Shopの説明

「Shop」ボタンからはEasyPoseのPro版やDLCパッケージを購入することができます。

シチュエーションを作る

EasyPoseを使って、イラストや漫画のポーズ・構図参考用のシチュエーションを作ってみましょう。

戦闘シチュエーションを横から見る 戦闘シチュエーションを俯瞰から見る 戦闘シチュエーションを後ろから見る

キャラクター同士の戦いが始まりそうなシチュエーションを作成しました。
体を斜めに構えて顔を相手の方に向けるポーズの描き方や、手を伸ばしている人物を後ろから見た場合の見え方など、実際にモデルを配置してみると分かりやすいと思います。

椅子に座っている人物と立っている人物を俯瞰から見る 椅子に座っている人物と立っている人物をアオリから見る 椅子に座っている人物と立っている人物を後ろから見る

立っているポーズと座っているポーズを俯瞰で見た場合の描き方など、EasyPoseを使えばポーズの参考資料が簡単に作れてしまいます。
ポーズや構図をEasyPoseで作成して、模写などの練習材料にするのもよいかもしれません。

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

まとめ

ポーズモデルを作成することができる「EasyPose」のご紹介でした。描き方が分からないポーズがある…。アングルが難しくて絵が進まない…。そんな時は、EasyPoseを使ってモデルやシチュエーションを作成して、ポーズや構図を参考にしてみてください。
App Store 「イージーポーザー Easy Pose」
Google Play 「イージーポーザー Easy Pose」

初心者から絵師デビュー!

【初心者歓迎】自宅でイラストが学べるオンライン教室
わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速! \ 7日間の無料お試し実施中 /

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

ゼロからはじめるキャライラスト入門講座

ペンの選び方・線の引き方・紙の使い方からスタートして、効果的な練習の仕方、顔や身体の描き方まで、絵を描くための基本の基本を解説!

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
22 620 174

×