絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

使ってみた!評価の高いお絵かきアプリ5選

更新日:2018.02.15

スマホやタブレットで手軽に絵が描ける「お絵かきアプリ」!でも、たくさん種類があり過ぎて、どれを使えばいいのか分からない…なんて経験ありませんか?
この記事では筆者が実際に、お絵かきアプリの使い心地を試してみました!どのアプリがどんな人にオススメなのかもまとめましたので、ぜひ参考にして下さいね♪

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

使ってみたお絵かきアプリはコレ!

お絵かきアプリの中でも評価の高い、以下の5つのアプリを選びました。

  • アイビスペイントⅩ
  • メディバンペイント
  • CLIP STUDIO PAINT EX(クリスタ)
  • Photoshop Sketch
  • Tayasui Sketches

それぞれのお絵かきアプリの特徴はこちらです。

お絵かきアプリの特徴

実際に使ってみました

アイビスペイントX(ibis paint X)

アイビスペイントのアイコン

特徴

お絵かきアプリの中で、最も使用者が多いアプリです。スマホに対応しているお絵かきアプリの中で最も機能が豊富で、描き込む絵柄の方に向いています。

作業画面

マイギャラリーから作業画面へ行きます。下向きの「↓」をクリックするとツールアイコンが半透明になり、小さいスマホの画面でも広々とお絵かきができます。アイコンが邪魔かな〜と思いましたが、いざ描き始めると気になりません。ペンと消しゴムを持ち替えるアイコンが左下にあり、右手で描きながら左手の親指で持ち替えることができます。

アイビスペイントの作業画面

鍵がついているブラシは、動画を見ると使用可能に。動画の長さはどれも1分弱で、1回見れば18時間使えます。720円課金すれば動画を見なくても使えるようになり、広告も非表示になります。

アイビスペイントのブラシ

筆者の感想

機能が豊富で、本格的な絵が描けます。ただ、機能が多いが故にデジタル初心者の方は、使いこなすのに時間がかかるかもしれません。
パソコンを買う予定がなく、アプリでのイラスト制作を極めたい方におすすめです。

アイビスペイントを使った作品

レインさんの作品「夢の宇宙」。タイトル通りとっても素敵な世界観でワクワクしますね!


メディバンペイント

メディバンペイントのアイコン

特徴

アイビスの次に使用者の多いアプリです。イラストはもちろん、漫画制作のための機能もそろっています。無料のPC版アプリもあり、データの共有もできます。

作業画面

左側でブラシの詳細設定、右側でツールの設定をします。お絵かきする時は、左右のツールを収納したり、すべてのアイコンを隠したりできます。

メディバンペイントの作業画面 メディバンペイントのアイコン非表示画面

デフォルトのブラシの種類は20種類程度。メディバンアカウントに登録すると、グレーになっているブラシも使えます。

メディバンペイントで使えるブラシ

筆者の感想

イラストを描く上での機能はアイビスに劣りますが、特に困ることなく快適に使えました。特に漫画を描きたい方や、PCでも作業したい方におすすめです!

メディバンペイントを使った作品

メディバンペイントの公式キャラクター「メディーちゃん」を描いた作品。

クリスタ(CLIP STUDIO PAINT EX)

クリスタのアイコン

特徴

2017年の秋に発売されて評判になったアプリです。プロも使用しているPC版CLIP STUDIO PAINTとほぼ同じ機能で、液タブのように使えると話題になりました。

作業画面

注目すべきはiPadならではの作業感!指先でキャンバスをくるくる回したり、サイズを変えたり、紙に描く時と同じくらい自由に動かせます。

クリスタの作業画面

2本指でタップすると「取り消し」、3本指のタップで「やり直し」ができるのも魅力のひとつ。デジタルの利点である「描き直す」が楽にできます。

クリスタのタッチ操作

数千点に及ぶペンやブラシがそろっており、漫画やアニメーションを作ることもできます。

クリスタの機能を説明する

筆者の感想

iPad専用ということもあり、今回紹介するアプリの中では一番スペックが高いです。
デメリットは月額980円とお金がかかること(※2018年3月時点では、申し込みから6ヶ月間は無料)。使いこなすには相応のスペックのスタイラスペンも欲しいので、なかなか良い値段の買い物になります…。お金に余裕がある方、プロと同じものを使いたい方におすすめです!

クリスタを使った作品

多くのイラストレーター・漫画家さんが使っています!

美しいです..!パソコンの画面のように見えますが、iPadの画面です。

真島ヒロ先生もiPad版のクリスタを使用して絵を描かれていました。

Photoshop Sketch(フォトショップ)

PhotoshopSketchのアイコン

特徴

「Photoshop」や「Illustrator」など、プロのイラストレーターやデザイナーが扱うソフトでお馴染みのアドビシステムズ社の製品です。ドローイングに特化しており、機能はブラシツールとシェイプツール、レイヤーのみとなっています。
※あまり知られていませんがPhotoshopはアマゾンでも購入することができます。商品ページはこちら

作業画面

ブラシが常に左に表示されており、描画範囲は狭く感じます。右上の矢印ですべてのアイコンが隠せます。表示したままだと絵が右に寄ってしまうかも。こまめにアイコンを消して、バランスを確認しましょう。

PhotoshopSketchの作業画面

ブラシツールの画材の再現度が非常に高いです!筆跡や絵の具のかすれ方がリアルに表現できます。水彩ブラシは時間をおくと、にじみが広がっていきます。

水彩ブラシが時間をかけてにじむ様子

筆者の感想

普段アナログ画材で絵を描いている人にこそ、使って欲しいアプリです!アプリ自体は使える機能が限られているので、画像を加工したり文字を入れたりする場合は他のアドビアプリをダウンロードしましょう。

Photoshop Sketch を使った作品

フォトショップといえばAdobeさん。公式アカウントの投稿をご紹介します。

Tayasui Sketches

Tayasui Sketchesのアイコン

特徴

会社名は日本語の「容易い」が由来となっており、シンプルで使いやすいがコンセプトの製品を作っています。最低限の機能で、デジタルで描くのが苦手という方におすすめです。
無料版だと使える機能が限られるので、操作に慣れたら有料版(600円)にしましょう。

作業画面

とにかくシンプルで、最低限のアイコンしかありません。アイコンは描画時に自然に消えるようになっていて、描くことに集中できます。

TayasuiSketchesの作業画面

下の図は水彩ブラシを使って、いろんなタップで描いてみたものです。タップに反応して様々な表情を出すことができます。他のアプリに比べてブラシの種類は少ないのですが、そこまで気になりません。

TayasuiSketchesの水彩ブラシのタップによる違い

筆者の感想

今回紹介するアプリの中で最も機能がシンプルで、感覚的に使いこなせます。描き込む絵よりは出かけ先で風景をスケッチしたり、アイデアをメモしたりするのに使っている方も多かったです。

Tayasui Sketches を使った作品

Tayasui Sketchesは日本よりも海外で支持している方が多いようです。

まとめ

2017年時点での日本でメジャーなお絵かきアプリは、アイビスペイントとメディバンペイントです。機能面など細かい違いはありますが、選ぶ上で最も注目すべきポイントはスマホで完結するか他のデバイスでも使えるかだと感じました。すぐにPCを持つ予定がない方はアイビス、さまざまなデバイスで使いたい方はメディバンペイントがおすすめです。

また、今回様々なアプリを試して見て、私が一番使いやすいのはTayasui Sketchesでした。お絵かきアプリに慣れてない方は、Tayasui Sketchesで練習してみるといいですね。
自分に合ったアプリで、お絵かきを楽しみましょう!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×