12 620 174

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

イラストの光の表現-フレアとは?人間とカメラレンズの見え方の違い。

更新日:2020.01.09
イラストのフレア表現アイキャッチ

イラストやアニメーションでよく見かける、画面の光を強調する「フレア」の表現。イラスト内にフレアの演出を入れる際には、覚えておきたいポイントがあります。
そこで今回は、イラストにおけるフレア表現についてTwitterでまとめていらっしゃった、ハンカチさんのイラストから、フレアの形状についての解説を見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。
※当記事では、イラスト表現の解説を趣旨として「フレア」という用語を使用しています。分野によっては、異なる用語を使用する場合があります。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

光の表現 フレアについて

イラストのフレア表現1

まず最初に、イラスト表現のフレアがどのようなものなのかを見てみましょう。
解説の風景イラストは、外からの光を強調するためにフレアを入れています。フレアの形に着目してみますと、形が多角形になっています。
今回はフレアの形状について考えてみましょう。

イラストのフレア表現2

解説イラストのような多角形のフレアは、カメラレンズの絞り羽の枚数に依存して形作られます。
また、カメラの絞りは眼の虹彩に相当します。虹彩は円形なので、人間の目線からのフレアの形も円形になります。

イラストのフレア表現1

多角形のフレアを描き込んだ場合、作品はカメラからの目線になるとのことです。フレアの形状によって演出の意図が大きく変わってくることは、ぜひ覚えておきたいポイントです。

また、ハンカチさんはイラストを印象的にするために、絞り羽が5枚・6枚でできるフレアの形状を好んでいるとのことです。
フレアの表現を用いているイラストやアニメーションを見かけた際は、フレアの形状に着目してみるのも面白そうです。

まとめ

人間からの目線とカメラレンズからの目線で、フレアの見え方がどのように変わるのか、光の表現についての解説でした。光を強調するためにイラスト内にフレアを入れようとお考えの方は、ハンカチさんの解説を参考にしてみてください。


最後に、ハンカチさんのTwitterとPixivをご紹介します。他にも素敵なイラストをご投稿していらっしゃいますので、ぜひご覧ください!
ハンカチさんのTwitterはこちら
ハンカチさんのPixivはこちら

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×