12 620 174

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

下書きのペン入れのポイントは?失敗しないために気をつけること。

更新日:2020.01.08
下書きのペン入れアイキャッチ

ペン入れをした後の線画がどうも上手くいってない気がする…。線画より下書きの方が上手く見えてしまう場合は、ペン入れ時に絵のニュアンスが失われてしまっていることが原因かもしれません。
今回は、ペン入れで失敗しないポイントを考えてみましょう。

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

下書きのペン入れで失敗しないために

清書した線画に何か違和感がある…。そんな時は下書きと清書を見比べて、線の形や位置が変わっていないか確認しましょう。デジタルの場合は、線画レイヤーの表示・非表示を何回も繰り返してみるのがオススメです。

下書きの線の内側をなぞって清書すると、位置や形が変わって清書の絵が別物になってしまいがちです。下書きの線の外側を意識して、線の形や太さが変わらないようにペン入れをしていきましょう。

下書きのペン入れ1

下書きがざっくりしていて整っていない場合は、下書き通りにペン入れすると違和感が出てしまう場合があります。

下書きのペン入れ2

向かって左側の眼(キャラの右眼)は、下書きの線とニュアンスが変わらないように、線の外側に合わせてペン入れしています。

向かって右側の眼(キャラの左眼)は、下書きの線の位置や大きさのバランスが悪かったので、ペン入れ時に整えながら線を引いています。左側の眼や顔全体との釣り合いを考えて、下書きの眼よりも小さくしています。

下書きのペン入れ3 下書きのペン入れ4

こちらも下書きがざっくりとしている場合です。
下書きの線を何も考えずにそのままの位置でペン入れしているので、耳の形がおかしかったり、張りのない線画になっています。

下書きのペン入れ5 下書きのペン入れ6

下書きの線をただなぞるのではなく、絵を仕上げていることを意識しながらペン入れをしてみましょう。陰ができそうな部分には強弱もつけ、線も歪まないように気をつけます。

眼や鼻は下書きの線を意識してペンを入れています。まぶたの線の外側に合っているか、鼻の線がずれていないかなど、線画レイヤーの表示・非表示を切り替えながら確認しています。
耳は下書きがラフだったので、清書時に形を考えながらペン入れをしています。上唇なども下書きのままだと外に出すぎていた感じがしたので、少し内側で清書しています。

下書きの線は最終的に見えなくなってしまうので、"清書時の線画が絵としてどうなっているのか"を確認しながら進めるとよいと思います。

まとめ

ペン入れで失敗しないためのポイントのご紹介でした。清書した絵に違和感を覚えたり、下書きの方が上手く見えてしまう場合には、
・下書きの線の外側に合わせて、線の形状や太さのニュアンスが変わらないようにする。
・線が歪んだり雑にならないように、キレイな線を意識する。
・下書きの線をただなぞるのではなく、清書時の絵のバランスも考える。
といったポイントを意識してみてください。



関連講座
意外と知らない!ラフの描き方講座    

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」
そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!

無料お試し実施中!

初心者から絵師デビュー!

【初心者歓迎】自宅でイラストが学べるオンライン教室
わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速! \ 7日間の無料お試し実施中 /

詳細はこちら >

ゼロからはじめるキャライラスト入門講座

ペンの選び方・線の引き方・紙の使い方からスタートして、効果的な練習の仕方、顔や身体の描き方まで、絵を描くための基本の基本を解説!

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×