12 620 174

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

秋のモチーフ・林檎(りんご)の描き方をイラストでご紹介!リアルな果物の塗り方が分かります。

更新日:2019.09.16

秋から冬にかけては果物の中でも特にメジャーな「りんご」の旬の季節です。りんごを描く際のポイントや塗り方のコツを覚えて、美味しそうな果物のイラストに仕上げましょう!
そこで今回は、りんごのメイキングをPixivにまとめていらっしゃった、もくずさんのメイキングから、りんごを描く際の手順や塗りのポイントを見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

この記事の目次

パルミーは1,000名以上の利用実績!今なら無料お試し実施中

初心者からプロ志望まで大歓迎。
神絵師・プロ講師がゼロからわかるイラストの描き方&練習法を公開しており、様々なポーズ・構図も自由自在に。
今なら無料お試し実施中です。

詳細はこちら >

パルミーは1,000名以上の利用実績!今なら無料お試し実施中

初心者からプロ志望まで大歓迎。
神絵師・プロ講師がゼロからわかるイラストの描き方&練習法を公開しており、様々なポーズ・構図も自由自在に。
今なら無料お試し実施中です。

詳細はこちら >

りんごメイキング

りんごの描き方1 りんごの描き方2

りんごのメイキングに入る前に、光原と影の基本の考え方を見てみましょう。
左上に光原がある場合に、光や影、落ち影、反射光がどの範囲にできるのかをイラストで解説しています。丸い形のりんごを描く際は、球体のボールと同じような光の当たり方ということを意識しておきましょう。

りんごの描き方3

ベタ塗りでりんごのシルエットを作ります。

りんごを塗る際には、常に解説イラストの矢印のタッチの方向で描いていきます。りんごの上部中心のへこんでる部分から外側に広がるように、りんごの立体に沿ってタッチを作っていきます。

平筆でざくざく塗っていきます。りんごの右上から光が当たっていることを意識して、陰影をつけていきます。

りんごの描き方4

右上に光原があるので、解説イラストの印で囲まれた部分に反射光が当たります。

つぶつぶを描いてふじりんごらしくします。
また、ところどころにりんごの中身の色や、彩度が高めのピンクや黄緑を入れて、美味しそうな色合いにします。透明水彩で塗る場合は、最初のベタ塗りは赤ではなくりんごの中身の黄色を使用するくらいなので、必ずこの手順を加えているとのことです。

りんごの描き方5

りんごのヘタを描きます。

接地面にりんごの落ち影を描きます。球体なので影は奥の方まで落ちるとのことで、右下の図解を参考にしましょう。
落ち影を描き終えたらりんごのイラストの完成です!

りんごの描き方6 りんごの描き方7

もくずさんのりんごをアレンジしたイラストです。透明感が溢れてグラスのような質感が伝わってくる、綺麗なイラストに仕上げていらっしゃいます。同じりんごの形でも様々な表現方法があるんですね。

りんごの描き方8

新鮮なりんごの美味しさが伝わってくるかのようなりんごのイラストです。皆さんもメイキングの手順を追って、リアルなりんごに仕上げてみましょう!

まとめ

りんごのメイキング講座でした。秋をテーマにしたイラストにりんごを描きたいと思っていらっしゃる方は、もくずさんの解説を参考にしてみてください。

最後に、もくずさんのPixivとTwitterをご紹介します。他にも素敵なイラストをご投稿していらっしゃいますので、ぜひご覧ください!
もくずさんのPixivはこちら
もくずさんのTwitterはこちら

ゼロからはじめるキャライラスト入門講座

ペンの選び方・線の引き方・紙の使い方からスタートして、効果的な練習の仕方、顔や身体の描き方まで、絵を描くための基本の基本を解説!
イラストレーターで専門学校の講師も務めるORETO先生が、動画内で実際に描きながら分かりやすく説明します。

詳細はこちら >

ゼロからはじめるキャライラスト入門講座

ペンの選び方・線の引き方・紙の使い方からスタートして、効果的な練習の仕方、顔や身体の描き方まで、絵を描くための基本の基本を解説!
イラストレーターで専門学校の講師も務めるORETO先生が、動画内で実際に描きながら分かりやすく説明します。

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×