12 620 174

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

夏のイベントのお供に!ペットボトルの上手な凍らせ方をイラストでご紹介!夏日の遠征で役立つテクニックです。

更新日:2019.08.07

炎天下の中でペットボトルを持ち運んでいたらすぐに飲み物が温まってしまった。ペットボトルが冷えている状態をできるだけ長持ちさせて持ち運びたいのだけれど、何か良い方法はないのだろうか?
そこで今回は、ペットボトルの上手な凍らせ方についてTwitterにまとめていらっしゃった、さしみさんの解説イラストから、ペットボトルを凍らる際のポイントについて見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

ペットボトルの上手な凍らせ方

ペットボトルの凍らせ方6

ペットボトルの上手な凍らせ方を見てきましょう。ボトルを凍らせる際の4つのポイントと、すぐに飲める凍らせ方を解説しています。

ポイント①-円筒形のボトルは避ける

ペットボトルの凍らせ方1

炭酸用の円筒形のボトルは、膨らまない構造なので冷凍には不向きとのことです。お茶などの凸凹した多角形のボトルを準備しましょう。

ポイント②-飲み物は満タンにしない

ペットボトルの凍らせ方2

水は凍らせると体積が1.1倍に膨張するとのことです。ペットボトルの破裂を避けるために、飲み物をボトルに注ぐ時は8〜9割程度を目安にしましょう。

ポイント③-冷凍には6〜8時間必要

ペットボトルの凍らせ方3

500mlのペットボトル1本を凍らせるのに必要な時間は6〜8時間くらいとのことです。2リットルのボトルだと2晩くらいかかります。

ポイント④-ペットボトルは定期的に交換を

ペットボトルの凍らせ方4

冷凍したペットボトルは劣化します。衛生面からもボトルを何度も使い回しすることはオススメできず、定期的に新しいものと交換するとよいとのことです。

おまけ-すぐ飲める凍らせ方

ペットボトルの凍らせ方5

ペットボトルに飲み物を半分注いで、斜めにして冷凍します。家を出る時に残り半分を注げば、すぐ飲めて冷たい状態を長時間保てるペットボトルが完成します。

まとめ

ペットボトルの上手な凍らせ方のご紹介でした。ペットボトルを凍らせて外出することで、移動中でも冷たい飲み物を飲むことができたり、凍ったペットボトルで体を冷やすこともできたりと、熱中症の対策にもオススメです。ペットボトルを凍らせて外出したいと思っていらっしゃる方は、さしみさんの解説イラストを参考にしてみてください。

最後に、さしみさんのTwitterとPixivをご紹介します。他にも素敵なイラストをご投稿していらっしゃいますので、ぜひご覧ください!
さしみさんのTwitterはこちら
さしみさんのPixivはこちら

短期集中!イラスト上達プログラムでキャラ絵を上達させよう

資料と実演を交えて動画授業に沿って描き進めることで、 初心者でも1枚のイラストを完成まで仕上げれます!

詳細はコチラ!

初心者のためのゼロからわかるイラスト講座!

「顔・表情」「身体」「ポーズ」「着色・カラーリング」といったイラスト制作の基礎が学べる! はじめて絵を描く人におすすめ!

詳細はコチラ!

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×