12 620 174

絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

イラストで意外と難しい子供の描き方。大人との違いやポイントを紹介。

更新日:2018.07.02
子どもの描き方

子供のイラストは意外に難しく、上手に描けないという人も多く見られます。この記事では、子供のイラストを上手に描くために知っておきたい、大人との違いやポイントを紹介します。ぜひマスターして描けるイラストの幅を広げましょう。


業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

業界最大手のお絵かき学習サイト!今なら無料お試し実施中

充実の講師・講座数!様々なプロのテクニックをものにして描ける自分になろう!
自宅で好きな時間に自分のペースで学習できるので開いた時間に学べる!
まずは7日間の無料お試しで体験しよう!

詳細はこちら >

子供と大人の違いを知ろう

子供と大人の描き方比較

子供のイラストを上手に描くためには、まず子供と大人の違いを知ることが大切です。
子供と大人では、身体的にはもちろん、表情やしぐさなどにも違いがあります。


パーツの大きさや距離感

子供のパーツの大きさや基本

パーツの描き方の基本は、子供も大人も同じです。しかし、パーツの大きさや距離感を大人の描き方と変えると、より子供らしく描けます。
子供を描くときには、目・鼻・口・眉毛など顔のパーツや、手足など体のパーツの『大きさと距離感』に注意する必要があります。

大人との大きな違いは以下の通りです。

  • 顎が小さいので、目から顎の距離が短く、頭が大きい
  • 目と鼻の距離が短い
  • 全体的に丸みがある
  • 肩幅が狭い
  • 大人が6~7頭身であるのに対して、子供は4~5頭身程度

これらの点を意識しながら描くと、子供らしさを表現することができます。


子供は表情が豊か

子供は表情が豊か

一般に、子供は大人に比べて喜怒哀楽がはっきりとしており、表情が豊かです。大きな口を開けて笑う様子や、眉毛を吊り上げ、ほっぺを膨らませて怒っている様子など、大人よりも表情を強調して描くようにすると、より子供らしくなります。

描くときのポイント

子供を描くときは、大人との違いをはっきりとさせることが重要です。ここでは、具体的なポイントをいくつか紹介します。


丸さを強調する

子どもを描く時は丸さを強調する

子供は大人に比べて筋肉や骨格が発達していないため、子供特有のぽっちゃりとした丸みがあります。そのため、顔や体の各パーツの丸さを強調して描くと子供らしくなります。
まず、顔の輪郭は丸い円のような形にし、次に丸みのある大きな目・曲線状の眉毛・丸みのある小さな鼻を描きます。
また、肩や手足などは骨格や筋肉を描かず、丸みのある肉厚感を曲線で描きます。特に足・腕部分に関しては、関節などのくびれは描かないようにしましょう。


目は大きく頭身は低めに

子供は目は大きく頭身は低めに描く

上述の通り、子供の目は丸く大きく描くと、子供特有の活発さや可愛らしさを表現できます。
まず、上瞼と下瞼の幅を大きめにとって、長い曲線で描きます。黒目の部分は、白目の部分に対して、大きめになるように意識しながら円を描きましょう。
ハイライトを黒目部分の目頭・目尻側に入れると、キラキラとしたより子供らしい目になります。
また、子供は身長に対して頭が大きいのも特徴の1つです。大人の女性よりも1つ分、大人の男性よりも2つ分ほど頭身を低めに描きましょう。幼児期の子供は4頭身、小学生は5等身を目安にします。


男の子と女の子の差

子どもの男の子と女の子の差

8歳くらいまでの男の子と女の子には体格・表情などにあまり差がないため、基本的に髪型や服装などで描き分けをします。どうしても顔で違いを出したいという場合には、眉毛の描き方を少し変えるとよいでしょう。
細めの眉は、男女ともに可愛らしく幼い印象になりますが、男の子の場合は眉毛を少し太めに描くと、きりっとしたかっこよさが出せます。
また、全身のイラストを描くときには、男の子であれば足先を外向きに、女の子であれば少し内側に変えるなど立ち方を工夫すると、男女差を表現することができます。

子供が描けるとイラストの幅が広がる

大人と違うポイントを理解し、子供のイラストが上手に描けるようになると、描けるキャラクターのバリエーションが増え、イラストの幅が広がります。


ミニキャラの参考になる

ミニキャラの描き方

子供が描けるようになると、ミニキャラも描きやすくなります。ミニキャラとは、デフォルメされた2頭身から3頭身のキャラのことです。ミニキャラの描き方は、子供の描き方が基本となっています。2頭身のミニキャラは、顔も体つきも丸くぽっちゃりとしているので、子供の描き方のポイントをそのまま活かすことができます。
一方、3頭身のミニキャラは、顔は丸いものの体は子供のような丸みはなく、ほっそりとしています。2頭身と3頭身のミニキャラは、体型は違っても、どちらも上半身と下半身が1対1のバランスになるように描きます。


童顔、老け顔などの描き分けに繋がる

童顔、老け顔などの描き分けに繋がる

子供のイラストが描けるのは、子供と大人の特徴や描き方の違いを理解しているということです。そのため、子供を上手に描けるようになると、童顔・老け顔などキャラクターの描き分けもできるようになります。
輪郭を丸くして、目と鼻の距離を近くにすると童顔に、また輪郭を直線的でシャープに描き、目と鼻の距離を遠くにすると老け顔になります。

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

クリスタでチャレンジ!厚塗り風イラスト講座

厚塗りのエッセンスを取り入れた「厚塗り風」イラストの製作工程を実演を交えて解説します。
厚塗りイラストに興味がある方、情報量の多い絵を描きたい方にオススメ!

詳細はこちら >

まとめ

子供を描くときには、全体的に丸みを出し、頭身を低めにして目を大きく描くなど、大人との違いを意識すると上手に描けるようになります。
また、子供が上手に描けるようになると、ミニキャラや童顔・老け顔など描けるキャラクターのバリエーションが増えます。ぜひ楽しみながら練習してみましょう。



関連講座
ミニキャラをかわいく!デフォルメキャラ講座     

お絵かき講座「パルミー」では、イラストレーター・ORETO先生によるデフォルメキャラの実演解説がご覧いただけます。

7日間無料お試し実施中!

初心者から絵師デビュー!

【初心者歓迎】自宅でイラストが学べるオンライン教室
わかりやすい動画授業+質問相談サポートで、あなたの上達を更に加速! \ 7日間の無料お試し実施中 /

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

ゼロからはじめるキャライラスト入門講座

ペンの選び方・線の引き方・紙の使い方からスタートして、効果的な練習の仕方、顔や身体の描き方まで、絵を描くための基本の基本を解説!

詳細はこちら >

意外と知らない!ラフの描き方講座

「ラフの時は良い絵に見えたのに、線画にしたら微妙……」 そんなふうに思ったことはありませんか? この講座では、そんなよくある問題を解決します!
7日間の無料お試しで体験できます!

詳細はこちら >

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
22 620 174

×