絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

漫画アナログ画材をお探しの方におすすめの作画用インク入れ!ペン軸立てもご紹介。

更新日:2019.02.26

アナログで漫画を描く際、ペンやインクを入れる容器をお探しの方は多いのではないでしょうか?使いやすい容器を用意した方が、作業がスムーズに進むと思います。
そこで今回は、漫画制作に便利な容器をTwitterにまとめていらっしゃった、北道正幸さんの解説イラストから、おすすめのインク入れ、ペン軸立てを見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

Twitter 「北道正幸さん 漫画制作に便利な容器」

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

漫画制作に便利な容器

インク入れ/ペン軸立て

漫画のインク、ペン入れ容器1

無印良品の「白磁歯ブラシスタンド」がペン軸たてに便利とのことです。
また、同じ売り場にある「白磁小物入れ」も作画用インク入れとして便利に使えます。

漫画のインク、ペン入れ容器2

補足として、白磁小物入れは容器が大きく、インクが無駄になりがちとのことです。
直接インクを入れるのではなく、別個に小さい容器を入れ子にするなど、工夫が必要かもしれません。

墨ツボ(空想の画材です)

漫画のインク、ペン入れ容器3

※この漫画は、「こういう商品があったらいいな」という趣旨で描かれたものであり、製品が実在しているわけではありません。

墨ツボとは、ペン入れの際に必要なインクや墨汁を、俊敏かつ快適にペン先につけるために開発された、漫画家専用の小型移し替え容器とのことです。
ペン先をインクにつけ過ぎて、原稿にインクが垂れてしまった…。
そんな失敗も防ぐことできる墨ツボは、ぜひ使用してみたい商品ですね!

墨ツボは実在しませんが、最近では「Conic Bin」というインク瓶が登場しているとのことです。
Conic Binは、インクがつきすぎない、インク量が見やすいなど、漫画制作に使いやすいインク瓶となっております。
ご興味がおありの方は、ぜひご覧ください。

まとめ

おすすめのインク入れ、ペン軸立てを知ることができました。アナログで漫画を制作する際のインク入れ等をお探しの方は、北道正幸さんの解説イラストを参考にしてみて下さい。

最後に、北道正幸さんのTwitterをご紹介します。
北道正幸さんは漫画家としてご活躍していらっしゃり、他にも素敵なイラストをご投稿していらっしゃいますので、ぜひご覧ください!

北道正幸さんのTwitterはこちら

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×