絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

夏祭りの浴衣の描き方をイラスト解説!正しい着付けを漫画で覚えよう!

更新日:2019.02.21

夏祭りなどでは、浴衣を着ている女性の方をよく見かけると思います。でも、浴衣の着方に何か違和感を感じる…どこがおかしいのだろう?
そこで今回は、夏祭りの浴衣についてTwitterにまとめていらっしゃった、宗像久嗣さんの漫画から、浴衣の正しい着方を見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

Twitter 「宗像久嗣さん 夏祭りの浴衣について」

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

夏祭りの浴衣について

浴衣の着方の解説漫画0

それでは、夏祭りの浴衣についての漫画を見ていきましょう!

浴衣の着方の解説漫画1 浴衣の着方の解説漫画2 浴衣の着方の解説漫画3 浴衣の着方の解説漫画4 浴衣の着方の解説漫画5 浴衣の着方の解説漫画6 浴衣の着方の解説漫画7 浴衣の着方の解説漫画8 浴衣の着方の解説漫画9 浴衣の着方の解説漫画10

浴衣を含む着物全般は「右前」という合わせ方になり、逆の「左前」は「死装束」と言われて死者の着方になるとのことです。
※他にも色々な説があります。

懐に手が入るようにすれば、自然と「右前」になる、と覚えておくとよいかもしれません。

浴衣のイラストを描く際は、解説漫画のような着こなしをして、浴衣姿が映えるようにしたいですね!

まとめ

夏祭りの浴衣の着方を知ることができました。キャラクターに浴衣を着せる際に襟合わせが不安な方は、宗像久嗣さんの解説イラストを参考にしてみて下さい。

最後に、宗像久嗣さんのTwitterをご紹介します。他にも素敵なイラストをご投稿していらっしゃいますので、ぜひご覧ください!

宗像久嗣さんのTwitterはこちら

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

この記事に関連するページ

記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×