絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

いちごのイラストメイキング!美味しそうに見えるリアルな描き方!

更新日:2019.01.31

ケーキやパフェのイラストなど、果物の中でも苺を描く機会は多いのではないでしょうか。食べ物は美味しそうに見せたいけれど、苺を綺麗に描くのは難しい…。
そこで今回は、苺のメイキングをTwitterにまとめていらっしゃった、ハコさんの解説イラストから、苺を描く際の手順を見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

Twitter 「ハコさん 苺メイキング」

この記事の目次

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

苺のメイキング

苺のメイキング0

それでは、苺のメイキングを見ていきましょう。

苺のメイキング1

彩度の高い赤色で、苺のシルエットを描きます。

苺のメイキング2

光源を考えつつ、40〜50%の不透明度で陰になる箇所を塗ります。

苺のメイキング3

10〜20%くらいの不透明度で光と陰の中間の部分を塗ります。ムラができる感じを意識しましょう。

苺のメイキング4

種の周辺の部屋を描きます。左上からの光源を考えて、薄い部分と濃い部分ができるように塗ります。

苺のメイキング5

ツヤの表現を種の部屋のふちに塗ります。

苺のメイキング6

彩度と明度を低くした赤色で、を描きます。

苺のメイキング7

種の横の色をスポイトで取りつつ、種とツヤの形を整えます。ここまでの工程は、大体20分とのことです。

苺のメイキング8

黄色味が欲しいので、解説イラストの矢印の光源付近を塗ります。

苺のメイキング9

てり返しのツヤを入れると完成度が上がるとのことです。彩度を少し上げています。

苺のメイキング10

ぼんやりしていたので、ふちどりをします。種の暗い部分が目立つように、種の周りに光を入れています。

苺のメイキング11

フィルター→スケッチ→ウォーターペーパーの効果を入れて、馴染ませています。

苺のメイキング12

リアルで美味しそうな苺が完成しました!

まとめ

苺の描き方の手順を知ることができました。デザートや苺料理のイラストを描く際は、ハコさんの解説イラストを参考にしてみて下さい。

最後に、ハコさんのTwitterをご紹介します。他にも素敵なイラストをご投稿していらっしゃいますので、ぜひご覧ください!

ハコさんのTwitterはこちら

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×