絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

猿のリアルな顔の描き方をイラスト解説!人の顔との違いから考えよう

更新日:2019.01.12

動物園や温泉でもお馴染みの「猿」。猿の顔の形は複雑そうだけど、描き方のポイントはあるのだろうか。
そこで今回は、猿の顔の描き方をTwitterにまとめていらっしゃった、涌井陽一さんの解説イラストから、猿の描き方のポイントを見てみましょう!

※この記事で紹介している内容はご本人の許可を得て掲載しています。

Twitter 「涌井陽一さん 猿の顔の描き方1」
Twitter 「涌井陽一さん 猿の顔の描き方2」

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績。初心者からプロ志望まで大歓迎。まずは気軽に無料お試し!

詳細はコチラ!

猿の顔の描き方

人と猿の顔の違い

猿の描き方1-1

人と猿の顔の違いについて見ていきましょう。
まずは、前からのアングルの解説イラストです。

人の顔の特徴
・目と目の間が広い
・目は横長
・鼻の下が短い

猿の顔の特徴
・目と目の間が狭い
・目はどんぐり眼
・鼻の下が長く、線が入る

猿の描き方1-2

続いて、横からのアングルの解説イラストです。


人の顔の特徴
・おでこが広くて平ら
・横から見たときに凹みがある
・口が鼻より凹む
・首が細くて長い

猿の顔の特徴
・おでこの出っ張りが顕著
・横から見たときに凹みが少ない
・鼻より歯が前に出る
・首がよく分からない形

これらの相違点は、人の顔を描くときにも応用できます。
猿の顔の特徴を人に取り入れれば、野生的な顔立ち
になります。また、人の特徴を誇張すれば、モデル的、女性的な顔立ちになるとのことです。

猿の顔の描き方

猿の描き方3

猿の顔のおでこの部分についての解説です。
・少し上からの角度だと、おでこの形状がよく分かり、凄んでいるような表情に見える
・下を向くと、横からのアングルでも、目が見えなくなる

猿の描き方2

猿の顔周りについての解説です。
・頭頂部分は逆毛
・人の眉、もみ上げ、あごひげに当たる部分は白っぽい毛が生える
・眉からもみ上げは順毛

・額から頭頂については逆毛で生える
・目の上の出っ張り
・両脇に出るようなおでこの形
・目は凹んでいるので暗く見える
・目の下にシワが入ることが多い
・頬骨の辺りには黒い毛が生える事が多いので、黒ずむ

まとめ

猿の顔の描き方を知ることができました。猿の顔を描きたいのだけれど、人の顔との違いはあるのだろうか。野性味溢れた、猿っぽい人間キャラクターを描きたいのだけど、描く際のポイントはあるのだろうか。そんな時は、涌井陽一さんの猿の顔の描き方の解説イラストを参考にしてみて下さい。

最後に、涌井陽一さんのTwitterとホームページをご紹介します。他にも素敵なイラストをご投稿していらっしゃり、墨絵イラストレーターとしてもご活躍していらっしゃいますので、ぜひご覧ください!

涌井陽一さんのTwitterはこちら
涌井陽一さんのホームページはこちら

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!

ポーズを自由自在に描きたい!

腕を上手に描く為には、肩の筋肉や肩甲骨を理解することが重要!YANAMi先生の講座で自由なポーズをマスターしよう♪

詳細はコチラ!
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる
12 620 174

×