絵の描き方やペンタブ情報などをお届け

イラスト初心者さん必見。男の子の描き方とおすすめの本教えます

更新日:2018.05.16

男の子イラストを、なかなか上手に描けないイラスト初心者は、いくつかのポイントを押さえることで、上手に描けるようになります。本記事では、男の子の描き方のコツと、描き方の参考になるおすすめの本を紹介します。


独学に壁を感じたら、パルミーで神絵師の授業を無料お試し!

パルミーの月謝制は1,000名以上の利用実績、初心者からプロ志望までピッタリの授業が60点以上。まずは7日間の無料お試しへ!

詳細はコチラ!

男の子と女の子の描き方の違い

男の子と女の子 水着

男の子と女の子は、体の特徴の違いがあるので、描き方には、いくつかの違いあります。洋服や髪型を変えるだけでなく、身体的特徴の違いを理解して描くことが大切です。
特に、骨格や筋肉の発達の仕方の違いを描くことによって、男の子と女の子の違いを強調できます。
ここでは、男の子の体部位別の描き方を解説します。


男の子の顔や髪型の描き方

男性の顔 特徴 ギャグ

男の子の顔や髪型を描くときには、直線的でシャープに描きます。
たとえば顔を描く際は、女の子のイラストの場合は、曲線で輪郭を描きますが、男の子の場合は、顎のラインをシャープにして、顎の骨が角ばっているように描くことがポイントです。

また、目の部分は、女の子は目の中央寄りに大きく描くのに対して、男の子は女の子の目の位置よりも高めの位置にして、少し小さめに描きます。そして、眉は直線的で太く、鼻は高く描くのも男の子の顔の描き方の特徴です。
髪型は、太い束を中心に描いて硬さを表現します。毛先に沿って動きを出すために、細い束を少し描くとより自然に見えます。


男の子の体の描き方

男性体 ポイント

男の子の体は、女の子よりも骨格が大きいため、首は太く、肩幅は広く描きます。肩幅の目安は頭3個分です。
また、筋肉が女の子よりもあるため、筋肉を首・腕・肩・胸に描くことで、より男の子らしくなります。
男の子のウエストはくびれがなく、腰は低い位置にあります。体を描くときには、胴は少し長めにし、全体をごつごつとしたラインを意識して描きます。
そして、足や腕などは閉じているのではなく、少し外向きを意識して描くようにしましょう。

実際に男の子を描いてみよう

男の子の描き方のポイントを押さえたら、実際に男の子を描いてみましょう。実際に描くことによって、自分にとって描くのが難しい部分が、わかるようになります。


まずはアタリを描く

男性 描き方 アタリ

男の子を描くときには、まずアタリを描きましょう。アタリとは、描き始める際に、大まかに各パーツの位置を決める作業のことです。
アタリの描き方は、まず丸い円を描きます。この丸い円は、幼少期の子どもであれば、円形に近い丸で問題ありませんが、中高生の男の子の場合には少し細長い円にします。
アタリを描くと、イラストの全体像が把握しやすくなり、バランスの良いイラストに仕上がります。
また、顔のアタリを描くときには、描きたい男の子の年齢によって形が変わるので、しっかりと決めておくことが大切です。


筋肉は立体的に描く

男性イラスト完成

アタリを描いたら、ラフスケッチ(おおまかなスケッチ)をしていきます。このときに、筋肉を立体的に描いていくことが大切です。特に、腕や脚などの筋肉は、男の子を描くときには重要なポイントです。
筋肉を描くときには、筋肉の発達している場所にボリュームを持たせるようなイメージで立体的に描いていきます。全体のバランスを見ながら、メリハリをつけると、より立体的に見えます。
筋肉をどのように描けばよいのかわからないという人は、人体図のスケッチなどを参考にしながら描くとわかりやすいです。筋肉を立体的に描くことによって、女性とは違ったごつごつとした男の子らしいイラストになります。

きっと役立つおすすめ本や動画を紹介

男の子のイラストがどうしてもうまく描けない人や、イラスト初心者には、男の子の描き方が詳しく解説された本や動画を参考にするとよいでしょう。
ここでは、男の子を描くときに役立つおすすめの本や動画を紹介します。


お絵かき講座パルミーのオンライン講座

イラストや漫画の描き方がオンラインで学べるパルミーには、男子キャラの描き方が学べる講座があります。
乙女ゲームや少女マンガ・BLなどが好きで、イケメンキャラを描きたい人や、推しキャラを描いてみたいという方に人気の授業になっています。

講座紹介


講座紹介


いろんな男の人の描き方

いろいろな年齢の男性のイラストを描きたい人には、『いろんな男の人の描き方』がおすすめです。


こちらの本は、少年・青年・中年の3つの年代に分けて、それぞれの年代でテーマ別に、多彩なポーズの写真と、その写真を模写したイラストが載っています。
イラストには、描き方のポイントの解説もあるので、初心者でもわかりやすいようになっています。また、テーマごとの応用イラストや、それぞれの年代の男性のツーショットのイラストもあります。イラストにはよく使われるポーズが多く紹介されており、練習に最適の1冊です。


メンズ萌えキャラクターの描き方

女性ウケする男の子を描きたい人におすすめの本は、『メンズ萌えキャラクターの描き方』シリーズです。
『メンズ萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編』では、12歳から20歳程度の男の子のイラストを、S・M・Lと体型別に分けて、顔・体の描き方の基本について詳しく解説しています。


『メンズ萌えキャラクター描き方 しぐさ・ポーズ編』では、基本のポーズである立ポーズ・座りポーズ・寝ているポーズの描き方を学べます。また、さまざまな動きやしぐさの描き方を、人体構造に沿って解説しています。
どちらの本も、基本から応用まで載っているので、イラスト初心者から中級者に最適です。


マンガキャラの服装資料集 男子制服編

男の子を描くときに、洋服がうまく描けないという人や、どんな洋服があるのかわからないという人には、『マンガキャラの服装資料集 男子制服編』がおすすめです。


服装のバリエーションを増やすことによって、キャラクターの印象も自由に変えることができます。
こちらの本には、学生服やスーツをはじめ、医療関係・飲食関係・警察など、さまざまな職種の制服がイラストで載っています。また、それぞれの制服の描き方のポイントなども解説されています。

まとめ

男の子を描くときには、直線的な線ではっきりと描くことを意識することがポイントです。
ポイントを押さえても、上手く描けないという人は、男の子の描き方が学べる本を参考にしながら練習すると上達します。

関連記事
記事の先頭に
もどる
記事の先頭にもどる

×